編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

IT人材の不足感は量から質に、これからのIT人材に求められる「課題解決型」と「価値創造型」

株式会社リンプレス 2021-07-01

2030年には約79万人が不足すると言われているIT人材。情報処理推進機構(IPA)が発表した「IT人材白書2020」によると、IT企業におけるIT人材の「量」は過去5年間で見て「大幅に不足している」「やや不足している」という回答が9割以上を占めている。問題はIT人材の「量」だけではない。 同白書によると、IT企業におけるIT人材の「質」にも不足感が高まっており、質について「大幅に不足している」「やや不足している」という回答は9割以上を占めている現状だ。では、今後求められるIT人材の「質」では何が重要になるのか。

本資料では、これから求められるIT人材のポイントとして「課題解決型」「価値創造型」を挙げ、それらを上流工程から育成していくための方法論を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]