編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

ビジネスのSaaS化の課題は「運用管理」、マルチクラウド環境での煩雑さを解決するコツとは?

ヴイエムウェア株式会社(ALB/NDR) 2021-08-23

ビジネスのデジタル化の動きが活発となり、多くの企業がインターネットを介して自社のアプリケーションをサービスとして提供する「SaaS」化に取り組んでいる。その運用時には、アプリやインフラの継続的な状態監視、データのバックアップ、ソフトウェアへのパッチ適用やアップグレードなどの運用作業が必要だ。
ただ、SaaS化されたアプリケーションの多くが、オンプレミスとクラウド間や複数のクラウドといった環境で構築・運用されることが多く、そうした運用管理の手間などの負荷が課題となりつつある。
以下の資料では、そうしたマルチクラウド環境でSaaS化されたアプリに対して、よりシンプルで最適なコストで運用管理するためのヒントを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]