ホワイトペーパー

過酷な環境下でも常に高い処理性能を発揮、リアルタイム性を追求したエッジ向けサーバの最適構成

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社(SQL server) 2021-06-30

モバイルやIoT機器が普及した現在、これまで以上に処理のリアルタイム性が重視されている。そのため、遠く離れたデータセンターだけではなく、よりデータ発生源に近い場所で通信の遅延なく高速処理できる「エッジコンピューティング」へのニーズが高まっている。

また、データ発生源の場所も多様化しており、本社オフィスや支店、商業施設などにとどまらない。製造工場や建設現場、海洋内の石油掘削場や外洋のクルーズ船などでもデータは日々生成される。そのため、エッジ環境では高い処理性能や高い信頼性に加え、粉塵や振動などへの耐久性、省スペース性や高い電力効率性などの要件も欠かせない。

どうすれば過酷な環境下でも常に高いパフォーマンスを発揮するシステムを構築できるのか? 以下の資料では、オンライン・トランザクション処理(OLTP)や意思決定支援システム(DSS)など、特にリアルタイム性を重視する環境に最適なエッジ向けサーバ構成を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]