編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

DX推進のキーはIoTの現場、データの力を最大限に引き出せる理想的なエッジ環境とは

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社(SQL server) 2021-08-20

コロナ禍によるリモートワークで働き方が変わる中、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めて会社そのものを変えようとする企業が増えている。しかし、DXの取り組みの1つであるIoTにおいて、現場で「データの収集・移動が上手くできない」といった懸念が生じることが増えている。そうした課題に対し、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(Lenovo)と日本マイクロソフト(Microsoft)では、IoT現場でのコンピューティング能力をアップさせシステム全体としての効率化を目指すソリューションを提供している。本資料では、両社がどのように企業のビッグデータ活用をサポートしているかについて、LenovoとMicrosoftの担当者が対談を実施、Microsoft SQLServerとエッジサーバーの有効性を説いている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]