編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

“CaaS”プラットフォームによるコンテナアプリ管理で、自治体のDXを一気に進展した事例を徹底解説

SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社 2021-10-29

総務省が「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」を策定したのをはじめとして、今や地方行政の世界においてもDXは必須の施策となっている。しかしながら、DX人材の不足などから、なかなか取り組みが進まない自治体が多いのが現実だ。

そうしたなか、海外に目を向けるといちはやくデジタル化を推進しているのが、ドイツの自治体ITプロバイダーekom21社である。29,000名以上の自治体やその他公的機関のエンドユーザーをサポートしている同社では、SUSEのContainer-as-a-Service(CaaS)プラットフォームと連携して、Kubernetesの使用を大幅に簡素化し、俊敏なアプリケーション・デリバリーを実現しているのである。

本資料では、同社における自治体DXの取り組みについて、詳細な経緯を担当者の言葉とともに紹介している。その大幅な効率化を実現した道のりをぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]