編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

SaaSやOSSが適さないケースも?!自社に合ったCI/CD環境をいかに使い分けるべきか

CircleCI合同会社 2021-12-06

デジタル・トランスフォーメーション(DX)が加速した現在、業界を問わず多くの企業がニューノーマル時代のビジネスを支える重要なチャネルとして、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションによるサービスの開発/提供に力を注いでいる。また、それに伴い、アジャイルやDevOpsの手法を駆使して自社内で開発を行う企業も増えている。
アジャイルやDevOpsの開発スタイルにおいては、非常に短い周期でテストやリリースを行わねばならないが、それを自動化する仕組みとして普及が進んでいるのが、CI(継続的インテグレーション)やCD(継続的デリバリー/継続的デプロイメント)環境である。このCI/CD環境では、多くの企業がSaaS型の活用を進めている。しかしながら、そうしたアプローチが最適解ではない場合もあるので注意が必要だ。

そこで本資料では、SaaS型のCI/CDサービスが適したケースと、決して適しているとは言えないケース、それぞれを明らかにするとともに、後者の場合に最適なオンプレミスのCI/CDソリューションとはどのようなものかについて解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]