ホワイトペーパー

徹底解説!SDDC環境をベースとしたハイブリッドクラウド実現のための最も効果的なアプローチとは

日本ヒューレット・パッカード合同会社 2022-04-25

ビジネスにおける各種クラウドサービスの活用が広がる中にあって、インフラレイヤーにおいてもハイブリッドクラウドへの移行が進みつつある。そうしたなかHPEでは、ハイブリッドクラウドの推奨アーキテクチャとして、VMware のSoftware-Defined Data Center(SDDC)をベースとしたアーキテクチャをオンプレミスのハードウェア提供も含めて提案している。ハイブリッドクラウドを構成する主な要素としてオンプレミスとパブリッククラウドがあるが、もう一つの要素として忘れてはならないのが、両方のメリットを兼ね備えた選択肢であるVMware Cloud on AWS(VMC on AWS)だ。HPEのユーザー企業にはvSphere のインストールベースが多く、既存の環境をベースとしたハイブリッドクラウドを検討するに当たっては、オンプレミスやパブリッククラウドに限らず、VMC on AWS も将来のプラットフォームの候補に含めることで、無理のない段階的なクラウド移行が可能になると言えるだろう。
そこで本資料では、SDDCをベースとしたハイブリッドクラウドの実現を進める中で、VMC on AWSにフォーカスし、留意すべきポイントなどについて詳しく解説している。まずはお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]