編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

三菱地所が生産性向上と、まちの関係者に高い価値を提供のために取り組むデータ連携・分析基盤の整備とは

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2022-07-25

総合不動産大手の三菱地所がDX(デジタル・トランスフォーメーション)を加速させている。2021年には人と企業がオンライン・オフラ インを行き来しながら交流できる体験の提供を通じて、社会や個人の課題に寄り添う『三菱地所デジタルビジョン』を発表。事業横断的なデータや好意的に提供される個人データを分析し、暮らしやすさ・働きやすさをより実感できるエコシステムと新しいサービスの創出を目指している。そこで重要になるのがデータ連携・分析基盤だ。同社は、インフォマティカの包括的なデータマネジメント製品「IDMC(Intelligent Data Management Cloud)」のラインナップのひとつである「CDI(Cloud Data Integration)」を選定。スモールスタートにより社内業務の生産性を向上させ、潜在ニーズの発見や新たなサービス開発に取り組んでいる。
本資料では、三菱地所のDX推進においてデータ連携・分析基盤の重要性と効果、将来展望を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]