編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

ビジネス法務研修からハラスメント研修、リスクマネジメント研修まで--法務部門が行うべき社内研修リスト

株式会社LegalForce 2022-07-25

経営や事業の阻害要因となる法令違反を防止するうえで重要な役割を果たすのが社内研修だ。紛争や不祥事・各種法令違反の予防などのほか、新法や法改正への対応(法令で求められる体制構築など)、事業戦略上重要な法的リスクの共有やリスク対応などに有効だ。ただ、社内研修を実施するうえでは押さえるべきポイントや注意点も多い。法務部門には、法的な紛争やトラブルを防ぐ「守りの法務」と、法的な視点から事業戦略をサポートして事業を成長させる「攻めの法務」という2つの役割を担うことが求められる。
本資料では、社内研修を行なう際に法務部門が担うべき役割と、実際にどのように社内研修を行なうべきかについて、ビジネス法務研修(民法・商法、独占禁止法、インサイダー取引規制など)、コンプライアンス研修、ハラスメント研修、リスクマネジメント研修を取り上げながら、押さえるべきポイントを具体的に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]