編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

不利な契約に潜むリスクは「締結済み契約」にも存在、管理のあるべき姿を専門家が解説する

株式会社LegalForce 2022-07-25

企業の法務担当者は、業務時間の 4 割を「契約審査」に充てている――LegalForce が実施した調査から見えた結果である。契約を結ぶ前に多くの時間をかけ、不利な契約締結によるリスクを排除しようとしているのである。当然、締結済みの契約に対しても、潜むリスクを把握し、対策しなければ、契約リスクを適切に管理できている状態とはいえない。
この資料では、契約にまつわるリスクと管理のあるべき姿をLegalForceの代表取締役社長で弁護士の角田望氏が解説する。「契約はリスクを最小化するためのもの」という指摘からは始め、契約書保管の重要性、締結済みの契約書に潜むリスク、契約書の保管に加えてするべきことを順に解説した上で、契約管理のゴールについて掘り下げて解説している。さらに契約書管理を実現するための具体策として「AI契約書管理システム」を紹介することで、課題と解決策を具体的にイメージできる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]