編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

可視化からインシデント対応、可観測性の確保まで--AWSコンテナ環境を包括的に監視する方法

Datadog Japan合同会社 2022-08-01

コンテナは広く普及し、ビジネスで日常的に使用されている多くのアプリケーションを強力にサポートするようになった。特にマイクロサービスアーキテクチャやアジャイルワークフローに適しており、開発者の効率性の確保や機能改善のスピードアップ、リソースの最適化の向上に役立つ。ただ、コンテナ環境は複雑で進化も速いため、どう監視していくかが課題になりやすい。特に、クラウド環境においてはオーケストレーションテクノロジーが不可欠な状況で、コンテナ環境全体でどう可観測性を確保していくかが重要になってきた。
本資料では、Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)とAmazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)という2つのコンテナオーケストレーションシステムを活用する際に監視すべき主要なメトリクスを紹介し、Datadog などの包括的な監視プラットフォームを使用して、これらのメトリクスをすべて収集し、コンテナ化された環境のフルスタックの可視化を実現する方法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]