ホワイトペーパー

ランサムウェア攻撃にActive Directoryのディザスタ・リカバリ・プランで備える

日本マイクロソフト株式会社/クエスト・ソフトウェア株式会社 2022-09-30

米石油パイプライン大手のColonial Pipelineなど重要度が高い組織やインフラを狙ったランサムウェア攻撃が急速に増えている。2020年時点で組織の69%がランサムウェアの攻撃を受けており、平均21日間のダウンタイムを経験している。NISTはサイバーセキュリティフレームワークの5つの機能としてID、保護、検知、対応、リカバリを定義、ランサムウェアへの包括的対策にも応用できる。この資料では、その中で、迅速に正常な動作を復元し、セキュリティ事案の影響を低減するリカバリに注目する。具体的には、多くの企業が利用するActive Directoryで、強固なディザスタ・リカバリ・プランを作成するという施策だ。実施により、迅速かつ効果的にリカバリを実行するための柔軟なオプションを入手できる。Active DirectoryやOffice 365の管理を手掛けるQuest Softwareが蓄積したノウハウを得られる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]