ホワイトペーパー

DXなのに“野放し無線LAN”になっていませんか?集中管理で安全な無線LANネットワークの実現を

フォーティネットジャパン合同会社/エイチ・シー・ネットワークス株式会社 2022-12-27

今や無線LANは広く普及し、ほとんどのデバイスに搭載されるようになった。企業においても、設置や増設が容易なことなどから、社内ネットワークを無線LAN対応にするケースが増えている。

このように手軽に展開できるのが魅力の無線LANだが、DX時代ではセキュリティリスクを高める可能性が増えてきている点に注意が必要だ。部署単位で独自に無線LANアクセスポイントを導入し、情報システム部が認知していないケースがあることから、セキュリティ上の課題となっているのだ。

このような背景を踏まえて本資料では、FortiGateとFortiAP、さらにAlaxalAのPoEスイッチの導入による安全な無線LANネットワークの実現について、事例を交えて解説している。ぜひこの機会に、自社の無線LANネットワーク環境を見直してみてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]