ホワイトペーパー

Web会議の音質が従業員のストレスを招く、生体への影響を検証する実証実験とその考察

シュア・ジャパン株式会社 2023-01-25

Web会議が広く浸透する中で、音質の悪い会議は理解力や判断力、判断のスピードなどに悪影響を及ぼすことが分かってきた。特に認知への負荷が高まり、継続すると認知機能が低下するという。NTTデータ経営研究所のニューロイノベーションユニットと音響メーカーのShureが実証実験チームを組み、高音質の会議音声と低音質(音質の悪い)会議音声を用いて実証実験を実施した。この資料で実証実験の内容を詳しく紹介する。実験時の調査は「音声が完璧になれば会議の生産性が大幅に向上する」と回答した者の割合が81%に上ることに加え、音質の悪さが心拍を増加させ、眉間のしわや手汗といった生体へのストレス反応を引き起こすなどの結果を導き、Web会議における音質の重要性を示す。ストレスの強いオンライン会議をなくすために、マイクやスピーカーなどのオンライン会議用音響機器の見直しが鍵を握ることが見えてくる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]