ホワイトペーパー

風向きが変わった「Microsoft 365」のデータ保護戦略、最適なバックアップ対策の進め方

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 2023-02-21

多くの企業・組織が業務で活用する「Microsoft 365」は、生産性の向上や情報共有・コミュニケーションの効率化・活性化など様々なメリットを享受できる。昨今のワークスタイルの多様化にも伴い、その重要性は高まるばかりだ。

その一方で、よく論争となるのが「Microsoft 365のバックアップ」という観点だ。これまではMicrosoft 365の標準機能のみに頼って、バックアップ対策をしていないという声が多数を占めてきた。ただ近年、ネイティブツールと併せてバックアップソリューションを取り入れる動きが増えている。それはなぜか?

以下の資料では、Microsoft 365におけるバックアップおよびデータ保護戦略が変化した理由と具体的な導入手順などを踏まえ、サードバーティソリューション導入のメリットを解説する。自社に最適なバックアップ対策を知りたい方は、ぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]