ホワイトペーパー

高知県庁の6500台の端末を守るのはAIと振る舞い検知!旧アンチウイルスが抱えていた3つの課題を解決

クラウドストライク合同会社 2023-09-19

高知県庁がデジタル化に取り組む際、6500台の業務端末を守るための施策を検討していた。デジタル活用の推進にはセキュリティ対策が欠かせず、既存のアンチウイルスソフトに課題を持っていた。特に、新しいタイプの攻撃が増加する中で、シグネチャ型の製品に限界があることを認識するようになったという。隣接県でおきたランサムウェア被害も、対策を急ぐきっかけになった。たどり着いたアプローチは、振る舞い検知による手法だった。
この資料では、高知県庁が次期アンチウイルスソフトを選定する際に掲げた9の評価項目を紹介する。最終的に選定したクラウドストライクの次世代アンチウイルス「CrowdStrike Falcon Prevent」を取り上げ、具体的な選定理由や導入効果を伝える。アンチウイルスソフトの刷新を検討する組織にとって、有益な情報になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]