ホワイトペーパー

レッドハットが解説、CentOSからRHEL on AWS への移行をスムーズに実現する方法

レッドハット株式会社 2024-02-02

さまざまな業界の企業や組織が、コストの最適化、効率化、迅速なイノベーションを実現するためにクラウドに移行している。しかし、クラウド移行はシステムの複雑性を助長するリスクをはらむ。その投資効果を最大化するためには、潜在的なセキュリティリスク、運用の非効率性、予算の超過を回避する慎重な計画を必要とする。例えば、データセンターとクラウド環境間を、一貫性のあるOSであるLinuxで標準化することは重要であり、クラウド移行をシンプルにできるものの、すべてのLinuxディストリビューションが同じではない。具体的には、アップデートが終了する予定のCentOS Linuxの利用企業が今、選択を迫られている状況だ。その移行先として、Amazon Web Services(AWS)でRed Hat Enterprise Linuxを運用する環境がクローズアップされている。
この資料では、CentOS Linuxシステムをできるだけ簡単かつ迅速に、Red Hat Enterprise Linux システムに移行するために必要な取り組みについてまとめている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

OS

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]