ホワイトペーパー

「イベント駆動型の自動化」を推進し、IT運用にイノベーションとレジリエンスを組み込む

レッドハット株式会社 2023-12-21

イノベーションの目標を達成するためには、ルーチン作業や反復タスクの自動化をはじめとした高度な自動化が欠かせない。担当者がルーチンワークから解放され、複雑性を適切に管理できるようになることで、新しいアプリケーションや機能を迅速に提供するための時間を確保することができるためだ。また、ITサービス管理(ITSM)を自動化することも有効だ。解決を迅速化してハンドオフの回数を最小限に抑え、平均復旧時間(MTTR)を短縮することができる。高度な自動化を推進するための大きなポイントとなるのが「イベント駆動型の自動化」だ。
本資料では、イベント駆動型の自動化とは何か、具体的な推進のアプローチとして有効になるソリューションとしてEvent-Driven Ansibleを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]