RFパワー半導体

株式会社データリソース 2006年08月23日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが8月に刊行されました。

携帯電話などのモバイル機器、ラジオ・TV放送、MRI装置等の医療機器、絨毯の繊維やベニヤ板等を養生する素材、レーダー、宇宙および衛星通信、警察無線と消防無線、軍事通信など、あらゆる種類のエレクトロニクス向けの無線インフラはすべて、トランスミッタ回路でRFパワーアンプを利用する。これらのトランスミッタの大半が、RFパワーアンプの出力段階で半導体を利用している。
これまでRF部分に大型の真空管を利用していた最新かつ非常に高出力の放送送信機も、ついに半導体デバイスに移行した。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFパワー半導体:シリコン、ガリウムナイトライド、ガリウムヒ素、炭化ケイ素などの高出力RFデバイス技術の詳細な市場分析」は、現在使用されているアプリケーションの大半を占める、出力が5ワット以上、周波数が3.8 GHz以下のRFパワー半導体デバイスについて記載している。今後5年間のすべての主要な市場セグメントと下位セグメントの詳細な市場予測データを提供している。また主要な業界ベンダ、技術、セグメントの市場シェアを提供している。

◆調査レポート
RFパワー半導体:シリコン、ガリウムナイトライド、ガリウムヒ素、炭化ケイ素などの高出力RFデバイス技術の詳細な市場分析
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR