国内NAS市場の中期予測を発表

IDC Japan株式会社 2006年11月27日

・国内NAS市場の2005年~2010年の年間成長率は、売上で14.7%、出荷台数で19.8% ・NASを導入する業種や企業層の裾野が拡大 ・ディスクベースバックアップやアーカイブなどの新規需要の開拓が重要

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内NAS市場の中期予測を発表しました。それによると、2005年~2010年の国内NAS市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、売上で14.7%、出荷台数で19.8%と予測しています。IDCでは、国内外付型ディスクストレージシステム売上の2005年~2010年のCAGRを1.2%と予測しており、NASは国内外付型ディスクストレージシステム市場において、最も高い成長が見込まれる分野の一つとなっています。

2006年上半期(1月~6月)の国内NAS市場は、売上が前年同期比12.3%増の108億1,700万円、出荷台数が同13.6%増の7,324台、出荷容量が同28.3%増の13.2PB(ペタバイト)となりました。NASが高成長を続けている要因としては、NASを導入する業種や企業層の裾野が広がっていることが挙げられます。また、バックアップデータやアーカイブデータをNASに格納するケースが増加していることも成長を下支えしています。

価格帯別では、エントリー(システム単価50万円未満)、ローエンド(同50万~250万円未満)、ミッドレンジ(同250万~1,000万円未満)の3つのクラスで売上が前年同期と比べ大幅に成長しました。中小規模ユーザーを中心に、ファイル共有やバックアップを目的としてエントリー/ローエンドNASを導入するケースは継続的に増加しています。また今期は、ミッドレンジNASが売上で前年同期比122.7%増、出荷台数で同104.8%増、出荷容量で232.5%増と非常に高い成長を見せました。ミッドレンジNASでは、需要分野が従来からの主力業種である製造業から金融やサービスにも広がってきています。また、データベース分野での採用やニアラインストレージとして導入され始めるなど、アプリケーションや利用用途が拡大していることも成長の要因となっています。ミッドレンジNASにおいて新規需要分野の開拓が進んでいることにより、従来のハイエンドNASの需要の一部がミッドレンジNASにシフトし始める傾向が見え始めています。

2010年の国内NAS市場は、売上で352億5,300万円、出荷台数で3万1,374台に達するとIDCでは予測しています。国内企業において、NASで管理される非構造型データは今後も増加する見込みで、NASの成長を牽引すると考えられます。また、データ保護やセキュリティ強化の観点からファイルサーバー統合が重要なストレージ投資課題になっており、このような国内企業のストレージ投資の変化はNASのビジネス機会を広げると考えられます。さらに、バックアップ時間やリストア時間の短縮を目的としてディスクベースのバックアップへ投資のシフトが進んでいることや、今後は法規制対応という観点からアーカイブ需要が高まり、NASビジネスの新規の需要分野となることが期待されます。

IDC Japanストレージシステムズ リサーチアナリストの高松 亜由智は「参入サプライヤーが自社のNASビジネスを拡大するためには、新たなビジネス機会をもたらす需要分野のニーズを的確に捉え、そのニーズに対応した製品戦略を構築することがより重要となっている」と分析しています。

今回の発表はIDCが発行したレポート、「国内NAS市場 2006年上半期の分析と2006年~2010年の予測」(J7400301)にその詳細が報告されています。本レポートでは、2003年~2006年上半期の出荷実績を、売上、出荷台数、出荷容量の観点から調査し、価格帯別、搭載OS別、搭載ドライブインターフェース別に分析を行っています。また、2006年~2010年までの売上と出荷台数を価格帯別に予測しています。
(※レポートの詳細についてはIDC Japanへお問合せ下さい。)
(※本リリースはこちらでもご覧いただけます。 (リンク ») )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!