株式会社NTTデータシステムズとウイングアーク テクノロジーズ株式会社 ERPパッケージ 「SCAW」 と帳票開発ツール 「Super Visual Formade」 の連携でアライアンス パートナー契約を締結

ウイングアーク1st株式会社 2006年09月12日

株式会社NTTデータシステムズ (本社:東京都品川区西五反田3-7-10 社長:小島 武雄 以下 NTTデータシステムズ) と、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 (本社:東京都港区港南1-8-15 社長:内野 弘幸 以下 ウイングアーク テクノロジーズ) は、両社が開発する業務パッケージソフトの連携において、アライアンス契約を締結したことを発表いたします。

本提携により、ERPパッケージ「SCAW 」と「Super Visual Formade(スーパー・ビジュアル・フォーメイド、以下SVF)」の連携を強化し、SCAW導入時のお客様ご要望に応じた帳票開発や帳票出力システム構築を容易に実現します。お客様毎に異なる固有の帳票ニーズへの対応も柔軟に実現が可能です。
また今後、両社は、「SCAW」の帳票機能を強化し、日本版SOX法への対応における基幹業務システムのIT統制をサポートします。SCAWをご利用頂くお客様はこの連携により、内部統制を実施するにあたり「SVF」が提唱する「帳票SOA」という帳票アウトプット機能をひとつのサービスとしてとらえるコンセプトを実現できるようになります。印刷環境を一括で統合し、帳票運用の集中管理をはかるだけでなく帳票出力情報のログ管理が可能で、内部統制に備えたセキュアな帳票運用を実現します。

…………………………………………………………………………
【帳票開発ツール「Super Visual Formade(SVF)」について】
SVFは、業務システムの再構築で課題となる帳票分野のシステム開発を短期構築します。とくに、固有の帳票デザインで運用される請求書や伝票、発注書、 見積書や給与明細、出荷指図書や検品ラベルなど、業務に必要なあらゆる帳票 を劇的な工数で設計開発することができます。電子化した帳票は、SVFによる 総合帳票基盤の上で、大量出力・Webからのクライアント印刷・PDF・メール・ FAXなど、業務の用途にあった運用を早期に実現できます。製造、流通、金融、サービスなどの各業態、大手上場企業や官公庁、大手SI企業などおよそ13,000社(2005年10月現在)に導入実績があり、サーバライセンス数で約43,200サーバを出荷します。

製品URL (リンク »)

【SCAWについて】
SCAWは、「See Create And Win=見える経営、創る経営、勝ち抜く経営」をコンセプトとし、NTTデータが日本の中堅企業をメインターゲットにして開発した統合基幹業務パッケージ(ERP)です。
SCAWは、営業管理、生産管理、財務管理、人事管理、Frontizm(ワークフロー)、eTrans(データ連携)の6つのプロダクトで構成されています。日本の商習慣にきめ細かく対応し、カスタマイズでお客様企業のコアコンピタンスを損なうことなくスムーズな導入ができることで、平成18年6月までに754社1,005システムの販売実績を上げています。

製品URL (リンク »)


【今後の展開】
NTTデータシステムズは、ERP市場開拓の主力商品の一つとしてSCAWを位置付け、SCAWビジネスを事業の中核として積極的に展開を行い、平成18年度はSCAWビジネスとして年間100億円の売上、導入累計1,200システムの達成を目標とし、さらに平成20年度には年間売上200億円、導入累計1,700システムを目指しています。

【SCAWアライアンスパートナー制度について】
SCAWアライアンス製品は、ERP関連製品を対象にして、SCAWとの連携について相互に検証を行い、連携が確認された製品に対してNTTデータシステムズが認定する制度です。

SCAWアライアンスパートナー制度の目的は以下の通りです。
1.お客様からの視点
既に多くの実績があるSCAWと他社製品との連携事例を中心に認定制度を開始することにより、SCAWと認定製品の関係性が明確に伝わり、複合提案時の安心感が得られます。
2.SCAW販売パートナー様からの視点
SCAW連携製品の事例および機能・価格等の情報が素早く入手できるため、統合システム提案におけるソリューションの幅が広がります。
3.アライアンスパートナー様からの視点
NTTデータシステムズおよびSCAWパートナー様がアライアンス製品を採用する機会が増え、販路拡大につながります。


【ウイングアーク テクノロジーズ株式会社について】
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、人に見やすくわかりやすい業務の運用を実現しています。

・「StraForm-X」…帳票入力。業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」…データ活用。業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」…帳票出力。基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

設  立:2004年3月
資 本 金:1億円
従業員数:116名 (2006年7月現在)
URL (リンク »)


【株式会社NTTデータシステムズについて】
NTTデータシステムズは1985年の設立以来、実績から着実に蓄積してきた、システムインテグレーション技術を駆使した各種システム開発を提供し、お客様の多様なニーズに対し迅速・かつ的確に対応しています。SCAW事業については、2002年にNTTデータのSCAWパッケージ開発部門と、NTTデータシステムズの販売・カスタマイズ部門を一体化し、シナジー効果によりSCAWビジネスを強化しています。

設  立:1985年12月
資 本 金:800百万円
株  主:株式会社NTTデータ 75%、日本電信電話株式会社 25%
従業員数:社員 621名
URL (リンク »)


【お問合せ先】
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
Tel:03-6710-1700 Fax:03-6710-1701
e-mail:tsales@wingarc.co.jp

株式会社NTTデータシステムズ
Tel:03-5434-6373 Fax:03-5434-6320
e-mail:info@scaw.net
SCAW事業本部 パッケージ事業部 パッケージ営業部

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!