体験型の無料ビジネスブログ活用セミナー 「ビジネスブログで企業ホームページが生まれ変わる」を開催

株式会社ドリームネッツ 2006年05月09日

ビジネス専用のブログサイト「ドリームブログ」を運営する株式会社ドリームネッツ(広島県福山市、代表取締役:井上一成)は、中小企業経営者および企業のホームページ担当者らを対象に5月24日、福山市内で無料のビジネスブログ活用セミナーを開催します。
Web上で日記風に公開していくブログは、運用と更新が容易なことから全国的に利用者が拡大しており、総務省よると2007年には開設者が約800万人、閲覧者は同3400万人にも達すると予想されています。そして、このブログは単なる個人の日記構築ツールというだけでなく、手軽さを生かし企業ホームページとして役立てるケースが急増しています。
そこで当社はブログのビジネス利用促進を図るのと、地域貢献活動の一環で実務的なセミナーを設定いたしました。詳細は以下のとおりです。

[セミナーの概要]
(リンク »)
■テーマ:「ビジネスブログで企業ホームページが変わる」
~効果的なホームページ運営のヒントがここにある~
■開催日時:2006年(平成18年)5月24日(水) 午後2時~4時30分
■開催場所:ポリテクカレッジ福山(広島県福山市北本庄4-8-48)
■参加対象:主に中小企業の経営者および企業のホームページ担当者で、パソコンの基本操作ができるかた。
■内容:前半は①ブログの紹介②ビジネス活用について③効果的な企業ホームページの運営―について具体例を挙げて講義し、後半では「ドリームブログ」を使ったブログとホームページの制作の体験学習を実施します。いずれも当社のスタッフが講師を務めます。
■定員:20人(先着順。定員になりしだい締め切ります)
■参加費:無料
■参加申し込み方法:電話またはFAX、当社ホームページの問い合わせメールのいずれの方法でも受け付けます。
●TEL:084-940-6735  ●FAX:084-940-6736
●ホームページURL: (リンク »)


[ドリームブログについて]  (リンク »)
㈱ドリームネッツが展開している、無料で利用可能なビジネスブログ構築サービス。会員登録をするとWeb上の管理画面からブログ記事を投稿する形で、簡単にビジネスホームページが作成できます。できあがったホームページは「ドリームブログ」ポータルサイトへ自動的に登録、掲載されます。
ブログをビジネスツールとして活用できるよう、会社情報や商品紹介などのメニュー生成、問い合わせフォーム作成などの機能を搭載しており、加えて任意で変更できるバナースペースおよびブログテンプレートへのSEO(検索エンジン最適化)対策も施しています。2005年12月に開設以来、今年4月末日現在の会員数は全国で約2000件に達しています。
 
[会社概要]
会社名:株式会社ドリームネッツ
本社:〒721-0907 広島県福山市春日町1丁目2-53青盛ビル3F
TEL:084-940-6735 FAX:084-940-6736
東京営業所:〒104 - 0045 東京都中央区築地4-1-12ビュロー銀座8F
TEL:03-3541-4731 FAX:03-3541-4730
代表者:代表取締役 井上 一成
設立:2001年10月
資本金:2億2420万円
社員数:29人(2006年4月末現在)
URL : (リンク »)
事業内容:・ネット通販システムの開発
グループウエア、SFA、CRMなどの企業情報統合アプリケーションの開発
ブログ構築エンジンの開発
ビジネスブログのポータルサイト開発と運営 
Webシステム、ホームページの受託開発
Webマーケティング、プロモーション支援

以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ドリームネッツの関連情報

株式会社ドリームネッツ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?