LAC、「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」を新春リリース

2005年のセキュリティ脅威動向を総括し、2006年のセキュリティ動向を展望するホワイトペーパー 1月27日まで無料限定ダウンロード開始

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年01月10日

株式会社ラックは、2005年の国内セキュリティ脅威動向を総括し、2006年の日本のセキュリィ動向を展望するホワイトペーパー「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」発表しました。本日から、1月27日まで限定で無償でダウンロードを開始します。

報道関係者各位

平成18年1月10日
株式会社ラック
ネットアンドセキュリティ総研株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LAC、2005年のセキュリティ脅威動向を総括し、
 2006年のセキュリティ動向を展望するホワイトペーパー
       「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」を新春リリース

無料ダウンロード→ (リンク »)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■2006年のセキュリティ動向を展望するホワイトペーパー
1月27日まで無料限定ダウンロード開始

株式会社ラックは、2005年の国内セキュリティ脅威動向を総括し、2006年の日
本のセキュリィ動向を展望するホワイトペーパー「サイバー攻撃脅威分析レポ
ート2005年度版」発表しました。本日から、1月27日まで限定で無償でダウン
ロードを開始します。

※「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」無料ダウンロード
>> (リンク »)

「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」は、株式会社ラックが定期発行
する、インターネットの脅威に関する最新レポート「せきゅぷり」の2005年度
の総集編となります。昨年2005年に発生したセキュリティ事件・事故について、
その攻撃分析、既知の脆弱性の概要などを解説するとともに、最新の情報セキ

リティの動向や今後注意すべき点をあげ、それらに対処するための推奨策を紹
介し、あわせて2006年の日本国内のセキュリティ動向を展望する内容となって
おります。

本レポートは、2005年1月1日から2005年12月8日の間に、株式会社ラック コン
ピュータセキュリティ研究所の調査・研究結果、及び、株式会社ラックが運営
する Japan Security Operation Center(JSOC:ジェイソック)にて収集され
た情報を元に製作され、ネットアンドセキュリティ総研株式会社 Scan編集部
が監修しています。

※「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」無料ダウンロード
>> (リンク »)


■■目次

序 「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」について(Scan編集部)
0.はじめに
1.エグゼクティブサマリー
2.今年のキーワード
(1)ウェブアプリケーションを悪用した攻撃の脅威
(2)ボットネットの脅威
(3)政治的背景による攻撃
(4)フィッシングメールや偽のウェブサイトの被害
(5)P2Pソフトウェアを介して感染するコンピュータウイルスの被害の
増加
3.攻撃傾向分析
(1)ワーム/ボットについて
(2)ウェブアプリケーションへの攻撃の増加
(3)2005年攻撃傾向のまとめ
4.2006年への傾向予測

※「サイバー攻撃脅威分析レポート2005年度版」無料ダウンロード
>> (リンク »)


■■ 株式会社ラックについて
株式会社ラックは、ネットワークセキュリティソリューション分野でのリーデ
ィングカンパニーとして、「コンピュータセキュリティ研究所」を所有し、セ
キュリティに関する情報を日々、収集、蓄積・分析・検証を行い、またリモー
ト監視センター「JSOC」にて顧客システムの24 時間365 日のセキュリティ監
視・分析、レスポンス提供を行っています。また、先進の情報セキュリティテ
クノロジーを駆使し、セキュアネットサービス(SNS)事業として、官公庁・企
業・団体などの顧客にサービスを提供しています。 (リンク »)


■■ コンピュータセキュリティ研究所
株式会社ラックに所属するコンピュータセキュリティ専門の研究所です。OSや
ソフトウェアの脆弱性の発見や、新技術の検証、セキュリティ情報の収集およ
び配信などを主な業務とし、株式会社ラックのセキュリティサービスにおける
技術的支援を行っています。


■■ 株式会社ラック メールマガジン「せきゅぷり」について
(リンク »)
週1回定期配信の(株)ラックのオリジナルセキュリティコラム。セキュリティ
監視センターJSOCの監視ユーザのセキュリティインシデントランキング、今週
の脆弱性情報、世間のセキュリティの話題を取り上げたコラムなど、最新のセ
キュリティ情報を、コンピュータセキュリティ研究所(CSL)、JSOCセキュリ
ティアナリストから、少しやわらかい視点で発信するメールマガジン。



■■ Scan について
Scanは、1997年11月に創刊した、B2B向け情報セキュリティの専門メールマガ
ジンです。公式サイトである NetSecurityと合わせ、メールマガジン配信数約
50,000部、公式サイトページビュー30,000PV/日という、B2B向けセキュリテ
ィ専門媒体としては国内最大級の規模を持ちます。Scanは、一貫して法人・個
人ユーザーの立場に立った媒体運営を行い、セキュリティホール,ウイルス,
各種インシデントや情報漏洩,海外セキュリティ最新事情,国内法制度,各種
認証動向(Pマーク,ISMS,BS7799,ISO27001他)等々に関して、各ジャンル
キーパーソンからの連載・寄稿をもとに、プロフェッショナルや専門家の方に
向けた情報を掲載し、セキュリティ業界内外からの支持をいただいています。

▼ セキュリティ情報総合メールマガジン
Scan Security Wire (スキャン セキュリティ ワイア) (月額861円)
(リンク »)

▼ 経営者・管理職・総務法務向け情報セキュリティ専門メールマガジン
Scan Security Management(スキャン セキュリティ マネージメント)
(月額861円)
(リンク »)

▼ セキュリティホール,ウイルス,インシデントの日刊メールマガジン
Scan Daily Express(スキャン デイリー エクスプレス)(月額861円から)
(リンク »)

▼ イスラエルBeyond Security提携による最新セキュリティツールや
Exploitコードなどを網羅したテクニカル情報メールマガジン
Scan Tech Report(スキャン テック レポート)(月額861円)
(リンク »)


■■ この件に関するお問い合わせ

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:高橋
scan@ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!