創業10周年のサイボウズが戦略発表「今後も安心して使い続けられる製品を」

柴田克己(編集部) 2007年08月09日 18時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは8月8日、事業戦略についての説明会を開催した。同日に創業10周年を迎えたサイボウズは、新たな事業戦略として「製品の2大ブランド化」と「リレーション・マーケティング」を展開するという。

 サイボウズ、代表取締役社長の青野慶久氏は、1997年に3名の社員でスタートした創業当時を振り返りつつ、改めて「情報サービスの大衆化」というサイボウズグループの企業理念を強調した。

青野慶久氏 サイボウズ、代表取締役社長の青野慶久氏。

 創業当初は、ウェブサイトからのダウンロードによる直販100%でスタートしたが、現在では主力となるグループウェア「サイボウズOffice」および「サイボウズガルーン」を合わせて、販売パートナー経由の間接販売による売上が69%を超える。また、2000年には東証マザーズに上場、2002年には東証2部、2006年には東証1部と市場を変更しながら企業規模を拡大し、現在では、12社の関連会社を持ち、連結で従業員数が700名を超えるグループへと成長している。

 青野氏は、2006年におけるグループウェア市場のシェアに関するリサーチ結果(ノークリサーチによる)を引用し、「Office」「ガルーン」を合わせたサイボウズ製品のシェアが、IBM Lotus Notesに次ぐ第2位(24.6%)にまで伸長したことを報告。2万5000社、250万人超のユーザーに対して謝意を述べると共に、「これからも長期にわたってサイボウズ製品を継続して使っていただけることを目指し、新たな事業戦略は、特に既存顧客との関係強化を意図したものである」とした。

「かんたん」と「ガルーン」の2ブランドを展開

 具体的な事業戦略として挙げられたのは「製品の2大ブランド化」と「リレーションマーケティング」である。

 2大ブランド化は、現在、製品の本数が増え、個々の製品の特性が理解しづらくなっているとの声に応えたもので、これにより同社の製品ラインは「サイボウズかんたんシリーズ」と「サイボウズガルーンシリーズ」に大別される。中小企業向けの「かんたんシリーズ」には、グループウェアの「サイボウズOffice」、ウェブデータベース「デヂエ」、グループメールシステム「メールワイズ」、国際化対応グループウェア「Share360」などが含まれる。一方の「ガルーンシリーズ」は、中堅大規模企業向けの製品ファミリーとなり、グループウェア「ガルーン」、「ブログ」、SFAシステムの「ドットセールス」、「ワークフロー」などがラインアップされる。

 リレーションマーケティングの強化は、既存顧客の長期的な確保を目指したもので、ユーザーに対する電話サポートによる利用促進、ユーザーコミュニティの開設、ユーザーイベントの開催等が企画されているという。また、既存顧客に対して「かんたんシリーズ」の製品を抽選により88本限定で1本8080円で販売するというキャンペーンも行う。これらの施策により、既存顧客との関係強化を図っていきたいとする。

ラボでの新たな取り組み「Pathtraq」

 8日の戦略発表には、関連会社の代表も顔をそろえ、その中で、サイボウズ・ラボが提供する新たなサービス「Pathtraq」(http://pathtraq.com/)が発表された。

 Pathtraqは、ユーザーが同サービスのサイトからダウンロードできるInternet ExplorerおよびMozilla FireFox向けのプラグインを利用して、ユーザーのウェブページに対するアクセス履歴を収集。結果のサマリを統計情報としてPathtraqサイト上で閲覧できるというもの。

 ウェブページに対する評価システムとしては、リンク解析やソーシャルブックマークといった試みが既に行われているが、これらの仕組みでは、積極的にリンクやブックマークなどを行わない「サイレントマジョリティ」と呼ばれる層の動向が反映されにくいといった側面もあった。

 Pathtraqでは、ページへのアクセスという能動的なユーザーの行動を自動的に収集することで、ソーシャルブックマークなどから得られるものとは性質を異にする指標の確立を目指す。

 プライバシー面についても考慮されている。Pathtraqでは、収集したアクセスの統計情報のみを保存し、ユーザーの行動追跡などは行わない。また、アクセス元のIPアドレスはスパマー対策のためにハッシュ化されたURLとともに、メモリ上に1時間蓄積され、その後自動的に消去される。さらに、ユーザーはPathtraqによるログ収集機能を、自らの意思で一時的に停止することも可能だ。

 サイボウズ・ラボでは、今後1カ月で1万人のインストールを目標としている。研究段階のため、ビジネス化などについての詳細は未定だ。

サイボウズグループ 創業10周年を記念した戦略発表会。サイボウズグループ各社の代表が一堂に会した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化