編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サイボウズグループ、中国上海でSaaS型グループウェアを提供開始

ニューズフロント

2007-06-26 21:10

 サイボウズのグループ会社インテグラート・ビジネスシステムは、中国上海市で現地法人「才望子信息技術 (上海) 有限公司 (サイボウズ上海)」を設立し、6月26日より事業を開始した。サイボウズ上海では新開発の日本語、中国語両対応のSaaaS型グループウェア「サイボウズ 弁公系統 (サイボウズ・ベンコウケイトウ)」を提供する。中国進出する日系企業を主な顧客に見込む。

 サイボウズ上海の資本金は3000万円。インテグラート・ビジネスシステムが51%を出資し、サイボウズ上海取締役CEO兼CTOの黄淵氏ら経営陣が49%を出資する。代表取締役はインテグラート・ビジネスシステムの代表取締役社長である北原康富氏が務める。

 サイボウズ上海が提供するサイボウズ弁公系統は、顧客企業が現地でサーバの構築やソフトウェアのインストールを行わなくても、インターネット経由で利用できるグループウェア。スケジューラーや掲示板(BBS)などはサイボウズ製既存グループウェアのインタフェースをもとに設計しており、PC操作に不慣れな現地スタッフでも容易に扱えるという。

 サイボウズではSaaS型を選択した理由について「中国に進出する日系企業で、専任のシステム担当者を置くことが難しい現状に合わせた」と説明する。

 サイボウズ弁公系統の料金は、初期導入費用が500人民元(約8100円)。ソフトウェア使用ライセンス費用が、10ユーザーまでで月額600人民元(約9800円)。SaaSサービス・トレーニング費用が2000人民元(3万2500円)。契約期間は半年または1年単位とする。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]