アイログ、中国に支社を設立

上海に事業所を開設し、拡大するビジネス・ニーズに対応

アイログ株式会社 2006年09月27日

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ: ILOG; Euronext: ILO, ISIN: FR0004042364 以下アイログ)は本日、中国に支社を開設したことを発表しました。これは、中国において拡大する事業を支え、この地における提携関係を開拓・管理し、同国におけるアイログ製品に対するさらなる需要創出を目的としています。ILOG Software Technology (Shanghai) Co. Ltd.は、上海において外資系企業の全額出資子会社として設立され、本社 CEO補佐でアジア太平洋地域事業担当上席副社長のブンタラ・イング(Bounthara Ing)を代表とします。同社はこれまで中国において北京に代表事務所を置いていました。

アイログは支社の設立により、中国のIT市場において見込まれる急速な成長と、中国企業による地元ソフトウェア産業創出への取り組みを活かしていきたいと望んでいます。調査会社IDCによると、中国におけるIT支出は今年、米国における5.8パーセントを上回る14パーセントの成長が見込まれます。同社はさらに、プロセス・オートメーションや俊敏なビジネスの実現、プランニングやスケジューリングのソリューションに対するニーズに応え、中国経済活況の下、自社の著しい成長に、中国企業がよりよく対応できるようにするための支援を提供していきたいと考えています。

上海市Pudong Software Parkにオフィスを構える新支社は、拡大を続けるアイログの中国顧客に対し、販売、サービス、トレーニングを提供していきます。中国における同社の顧客は、 China Construction Bank、Everbright Bank、Taiping Life Insuranceといった主要金融機関、HuaweiやChina Mobileなどの大規模通信サービス・機器会社、Baosteelをはじめとする主要製造業などに広がっています。アイログはまた、 Shanghai First Tech、Primeton、AsiaInfo、BOCOなど多数の地域システムインテグレータとの提携関係を有しています。当社はさらに、コンピテンシーセンターの設立を通じて地元の技術的才能を活用することを計画しています。このセンターは、地元のパートナと密接に協業し、世界中の顧客企業にメリットをもたらすサービスやソフトウェアのソリューションを提供していきます。

中国における「第11次5カ年計画」では特に、「革新に基づく国家」の創造を目標として掲げています。これに基づいて温家宝首相は、中央政府が今年、科学技術関連の支出を20パーセント近く増加させることを最近表明しました。

アイログの会長兼CEO、ピエール・ハーレン (Pierre Haren)は、「IT分野において目標を達成するため、中国企業は諸外国に輸出出来得る、独自性のある革新的製品創出を支援するソフトウェアを必要とするでしょう。今回の支社設立で当社は、中国がその目的を達成できるよう支援するソフトウェアツールやソリューションを提供することにより、自国における革新を生み出すニーズに対応していきたいと考えています。当社における最高の経営陣の一部を新支社に送り込むことは、当社がこの地域に対し、相当の覚悟をもって取り組んでいることの証しです」と語っています。

支社長であるイングは、「当社は世界最大級のソフトウェア企業や, Forbes Global 2000企業が、戦略的なソフトウェア・アプリケーション開発の為に利用してきたソフトウェア製品を提供する先進企業であり、自社の事業の拡張性と俊敏性を高めたいと考えている中国企業にとって、理想的なパートナとなることができます。当社はすでに、大陸における最大規模の企業を顧客としていますが、中国において当社製品がさらに浸透するよう、地元のパートナと協業していくことを楽しみにしています」と語っています。

アイログは中国において、1999年に清華大学(北京市、Tsinghua University)、復旦大学(上海市、Fudan University)、西安交通大学(西安市、Xian Jiaotong University)、北京航空航天大学(Beihang University)などの主要大学と提携し、ソフトウェアとトレーニングサービスの提供を開始して以来、中国市場での活動を続け、2002年には北京の事務所を開設しています。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!