SOAデータベース「GdFrame」機能強化 ~Ver.2.0出荷開始~

SOA実現のための汎用データベース構造を持つ、サプライチェーン情報システム構築基盤「GdFrame」のVer2.0を出荷開始しました。

日本電気株式会社 ソフトウェアビジネスユニット 2005年10月18日

テーブル実装、パッチなどのシステムアドミニストレーション用の機能、及び、排他制御、バッチ処理等の機能強化により、従来比1.5倍程度の開発・運用の効率化を見込んでいます。対応DBMS も Oracle10g DB や SQL Server2005(予定)に対応致します。また、別途提供されている「DataCoordinator」との連携により、既存システムからの移行や並存構成がさらに行い易くなっています。

 GdFrameは、業務プロセスが頻繁に変更される環境において、5年以上の稼動実績の後に製品化されたサプライチェーン業務システム構築のための SOA データベース情報基盤です。以下の特徴があります。


・特定の業務プロセスに依存しない汎用のデータベース構造と「Demand/Supply」という情報モデリング手法により、あらゆるサプライチェーン情報の統合化(または一元化)を実現。

・SOA志向のアーキテクチャとデータドリブン型のビジネスロジック制御により、ビジネスモデル変化に対して、システムの変更を容易(短期間)に実現。

・複数システムの同時構築や、段階的なシステム拡張に対しても、設計思想を統一化できる。.NET や Java をベースとした、様々な上位 SOA 層との高い親和性を提供。

・従来のスクラッチ開発、PKG適用の両者の長所を併せ持つシステム開発手法。

 これらの特徴により、アプリケーション開発期間は、最大で約3分の1に短縮することが可能となります。また、開発から運用、システム変更などを含めたシステム全体のTCOは、3分の2程度に削減がされます。

 年間10セット以上の販売を見込んでおり、今後3年間で、システムインテグレーションなどの関連ビジネスも含め100億円規模の売上を見込んでいます。

価格:
 GdFrame のエントリ構成での価格は 253万円~。

対応データベース:
 SQL Server2000、 SQL Server2005対応予定。
Oracle10g、 Oracle10g R2 対応予定。

 その他のDBMSへの対応予定についてはお問合せ下さい。


製品情報の詳細は、下記のURLをご覧下さい。
  (リンク »)

 以下のセミナーにてご紹介を予定しておりますので、ご来場をお待ち申し上げております。

2005年10月21日(金) SoftwareSummit2005
  (リンク »)

2005年11月11日(金)サプライチェーン・データ統合セミナー
  (リンク »)

製品の問い合わせ先:
日本電気株式会社 ソフトウェアエンジニアリング本部
108-8558 東京都港区芝浦4-14-22(大東田町ビル)
TEL:03-3456-7463 FAX:03-3456-7469 e-mail:info@agsd.jp.nec.com

プレスリリース問い合わせ先:
日本電気株式会社 システムソフトウェア事業本部
プロダクト・マーケティング・チーム担当(渋谷、澤村、大山)
TEL: 03-3456-6862 e-mail:press@swbu.jp.nec.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR