片瀬那奈主演のWEBシネマ「香港バタフライ」がケータイで観られる!

KADOKAWA WEB CINEMA×Vodafone 「香港バタフライ」 Vodafone live BB!上での配信開始!

ソフトバンクモバイル株式会社 2005年11月01日

このたび、11/1よりボーダフォン端末上での動画閲覧サービス「Vodafone live BB!」にて、角川WEBシネマ「香港バタフライ」の配信が始まりました。

■Vodafone live BB!とは
(Vodafone live BB! WEBサイトはこちら  (リンク ») )
いままでのケータイコンテンツサービスは、ダウンロードできるサイズに制限があったため、サイズの小さいものしか再生できませんでした。「Vodafone live! BB」はパソコンでダウンロードした動画や音楽ファイルをメモリーカードに保存して、ケータイで楽しめるサービス。容量が従来の何十倍もあるので驚くほど高画質・高音質。10分を超える作品もなめらかな画質で楽しむことができます。

■作品概要 
(vodafone内「香港バタフライ」公式サイト (リンク ») )
ツキや運に見放されたヒロイン、菜穂美(片瀬那奈)。高校時代に憧れていた杉山(深水元基)と勤務先で束の間の再会をするも、声さえかけられないでいた。ある日、香港在住の友人、真紀子(しらたひさこ)から届いた突然のメールで香港へ。旅行代理店に勤める真紀子の手がけるツアーのモニターとして開運スポットをめぐるが、持ち前の運の悪さは相変わらず。そんな時、見た人に奇跡が起きるという「香港バタフライ」という幻のアゲハ蝶の伝説を聞く。

詳細につきましてはvodafone内「香港バタフライ」公式サイトをご覧ください。
( (リンク ») )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?