MSがソフトバンクからSurface 3を売る明確な理由

羽野三千世 (編集部) 2015年05月22日 13時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトとソフトバンクモバイル(SBM)の戦略的パートナーシップにより、Microsoftのタブレット新製品「Surface 3」の4G LTE対応版は、日本市場ではSBMが独占販売することが発表された。

 個人向けの販売チャネルは、ワイモバイルショップ、ワイモバイルオンラインストア、ワイモバイル取扱店、およびヨドバシカメラやヤマダ電機などの大手家電量販店10社。LTE対応版Surface 3はSIMフリーであり、端末単体での購入も可能だが、「Y!mobileの回線契約とのセット販売を推奨する方針」(日本マイクロソフト)だとする。また、法人向けにはSBMの法人営業部隊が、SBMの回線契約とセットで提供する。

 日本マイクロソフトはなぜ、SIMフリーのLTE対応版Surface 3をSBM1社と提携して販売するのか。その理由は、端末の仕様を見ると腹落ちする。

auとドコモのプラチナLTEには非対応


Microsoft ジェネラルマネージャー Surface & Windows Hardware セールス&マーケティング担当 Brian Hall氏

 日本マイクロソフトが、LTE対応版Surface 3を国内初披露した5月19日の発表会の場で、Microsoft ジェネラルマネージャー Surface & Windows Hardware セールス&マーケティング担当のBrian Hall氏は、「LTE対応版Surface 3はSBMのLTE回線に最適化した」と発言した。また、ソフトバンクモバイル 専務取締役のEric Gan氏も、「2014年9月から、Microsoftと一緒にLTEやチップの設計から、販売計画の立案まで行った」と述べている。


ソフトバンクモバイル 専務取締役 Eric Gan氏

 しかし、その後の取材で、日本マイクロソフトは、「Surface 3のハードウェアはグローバル共通モデルで展開している」とし、Surface 3が対応するLTE周波数帯が、特に日本市場向けにカスタマイズされていないことを認めている。

 Surface 3のハードウェアの仕様を見ると、対応するLTE周波数帯は、band 1(2.1GHz帯)、band 3(1.9GHz帯)、band 7(2.6GHz帯)、band 8(900MHz帯)、band 20(800MHz帯)の5つ。SBM主力のLTEバンドであるband 1、ワイモバイルの主力LTEバンドのband 3、SBMのプラチナLTEバンドのband 8が包含されている。

 その一方で、auの主力LTE周波数帯であるband 18、NTTドコモのプラチナバンドであるband 19は含まれていない。Surface 3にauとNTTドコモのSIMを刺しても、LTEをフルスペックで利用することはできない。

 Brian Hall氏の言う「Surface 3はSBMのLTE回線に最適化した」は事実ではなく、“Surface 3に最適な日本の通信キャリアとしてSBMを選んだ”というのが本当のところだろう。

 ちなみに、Appleが2014年10月に発売したiPad Air 2の対応LTE周波数帯は、Band 1/2/3/4/5/7/8/13/17/18/19/20/25/26/28/29/38/39/40/41――の20個。当然、国内3キャリアのプラチナLTEバンドを包含している。

 Surfaceシリーズで初めて登場したLTE対応モデル。通信機能に関しては、伸び代が大きい仕上がりと言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化