キャッチネットワーク、自主放送番組のインターネット配信を開始 -アットネットホームの「@NetMedia」を活用-

アットネットホーム株式会社 2005年11月01日

株式会社キャッチネットワーク(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:田渕昭男)は、2005年11月1日より自主放送番組のインターネット配信を開始します。サービス開始にあたり、ケーブルインターネットのサービスプロバイダー アットネットホーム株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:深町俊幸)の映像プラットフォームサービス「@NetMedia」が活用されます。

キャッチネットワークはインターネット会員に向け、100タイトル以上の@NetHomeコンテンツを提供し、好評を得ています。また2004年の7~8月には地域の祭りやイベントの模様を動画で伝えるオープンサイト「キャッチの夏」を公開しました。このサイトでは「万燈祭」や「はずストーンカップ」(いかだによる市民レース)などをライブ中継し、会員以外の方からも多くの反響が寄せられました。

一方テレビ放送でもコミュニティチャンネルにおける自主放送番組の制作に注力しており、エリア内のニュース、バラエティ、歴史やイベントなど様々な番組を放送し、地域の皆様に親しまれてきました。このたび、これらの豊富な地域番組のダイジェスト版をインターネットでオンデマンド・ストリーミング配信することにより、より多くの方々にキャッチネットワークの発信する情報を提供することになります。動画はキャッチネットワークのサイト( (リンク ») )にて無料で配信され、オープンサイトのため、キャッチネットワークのサービスに加入していない方も視聴できます。これによりキャッチネットワークは、ケーブルテレビ加入者のコミュニティチャンネルへの誘導と新規顧客の獲得を目指します。

配信の概要
■URL: (リンク ») (キャッチネットワークのオープンサイト内)
■配信されるコンテンツ(番組名):
▼ニュース・報道番組・・「キャッチタイム」「にーず」「J'sPOWER」
▼バラエティ・地域情報番組・・「地元がパラダイス」「キャッチくんが行く」「アイキャッチ」「まるごとっ!いただきます!」「三河みちくさ散歩道」「おでかけNavi*」(*近日公開予定)
▼歴史番組・・「きいて民話 たずねて民話」「西三河の肖像」
※各番組の紹介ページで約1分のダイジェスト版を配信します。
■配信帯域:500kbps
■配信形態:Windows Media Player

このコンテンツはアットネットホームの映像プラットフォームサービス「@NetMedia」を活用して提供されます。局側に設置した自動データ伝送装置を介して番組のIP伝送が行われ、アットネットホームがデジタルアーカイブ化し、保管します。これによりインターネットでの配信や他局へのIP伝送による流通が可能になるため、映像素材を効率的に活用することができます。アットネットホームは今後もケーブル事業者の地域メディア戦略をサポートし、新たなサービスをバックアップしてまいります。

株式会社キャッチネットワークについて
〒448-0803 愛知県刈谷市野田町大ヒゴ1番地
サービスエリア: 愛知県刈谷市、安城市、高浜市、知立市、碧南市、西尾市、一色町、吉良町、幡豆町
ホームパス :224,400世帯
インターネット会員:49,576世帯 (2005年9月末)

番組の内容に関するお問合せ
株式会社キャッチネットワーク TEL:0566-27-2112(代)

アットネットホーム株式会社について  (リンク »)
アットネットホームは、全国に広がるケーブルテレビ局を対象に高速ブロードバンド・インターネットサービスを提供するプロバイダー(ISP)です。国内主要IX(インターネット相互接続点)との接続および国内外の高速バックボーン網の構築とネットワーク運用、及び、高速広帯域に対応した専用インターネット・コンテンツ配信事業を行っています。現在は株式会社ジュピターテレコムを株主に2005年9月末、163局のケーブル局へサービスを提供中です。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アットネットホーム株式会社の関連情報

アットネットホーム株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!