オルタナティブメディアのポータルサイト 「フレッシュアイVoiceWatch」α版をリリース

3月1日、株式会社ニューズウォッチがオルタナティブメディアの最新記事を収集、提供する新サービス「フレッシュアイVoiceWatch (α版)」をリリース

株式会社ニューズウォッチ 2006年03月01日

 株式会社ニューズウォッチ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金田直之)は、3月1日オルタナティブメディアの最新記事を検索できる新サービス「フレッシュアイVoiceWatch (α版:http://voice.fresheye.com/)」をリリースしました。

「フレッシュアイVoiceWatch」では、市民メディアや地域密着型メディア、草の根ジャーナリスト等、様々なジャンルでユニークな情報を発信しているマスメディア以外情報発信サイトを検索ロボットが巡回し、約4,000にものぼるトピックに記事を自動分類し提供しているオルタナティブメディア専門ポータルです。オルタナティブメディアの記事のほか、一般ブログサイトの最新記事も取得収集しており、カテゴリ別に分類されたこれらの記事を読み比べることができるサービスとなっています。α版は、昨年リリースした「フレッシュアイNewsWatch」と同じシステムをベースに構築しており、現時点では情報閲覧機能を提供していますが、今後は記事の評価システムや投稿機能などの提供を通じ、草の根レベルで発信された情報に触発された個人が新たな情報を産み出す、という双方向コミュニケーションの場としてサービスを拡充していく予定です。

◆フレッシュアイVoiceWatch:  (リンク »)

◆フレッシュアイVoiceWatch ロボット巡回対象メディア例:
・JANJAN ( (リンク ») )
・日刊ベリタ ( (リンク ») )
・ツカサネット新聞 ( (リンク ») )
・My News Japan ( (リンク ») )
・トーキョーワッショイ ( (リンク ») )

このプレスリリースの付帯情報

フレッシュアイVoiceWatch トップ画面

用語解説

◆フレッシュアイNewsWatchとは (  (リンク ») )
 政治、経済、国際、社会、科学、IT…など、約4,000トピックにものぼるカテゴリ別に分類されたニュースをウェブ上で検索できるサービス。ユーザーは膨大なニュースソースから、ほしい情報だけを的確にピックアップが可能です。「マイページ」機能のほか、お気に入りトピック最新情報をEメールで受信できる「新着ニュースメール」など、気になる最新情報をもらさずチェックできる機能を提供しています。
情報は、検索ロボットがインターネット上で情報を公開しているニュース、ブログ、掲示板などのウェブサイトから自動で取得しています。新聞社・テレビ局などのニュースサイトからの情報取得にあたっては事前に許諾を得ています。今後も、利用者のご意見を反映しながら、順次情報取得サイト数を増やしていく予定です。

◆株式会社ニューズウォッチ( (リンク ») )
ニューズウォッチは、インターネットを活用したソリューションを提供する国内のベンチャー企業です。独自の自然言語処理技術を用いて戦略的な情報収集をサポートする企業向け情報配信サービス、個人向けニュース配信サービス、サイト内検索エンジンのASP提供、テキストマイニングによる情報分析、検索ポータルサイト 「フレッシュアイ (リンク ») 」の運営など、「情報のサーチ&フィルタリング」をテーマとしたWebマーケティング・ソリューションを幅広く提供しています。 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ニューズウォッチの関連情報

株式会社ニューズウォッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!