ヤフー株式会社と株式会社ニューズウォッチの事業並びに資本提携について

株式会社ニューズウォッチ 2006年03月24日

株式会社ニューズウォッチは、ヤフー株式会社と事業並びに資本提携を行いました。当社はヤフーの連結子会社・株式会社東芝の関係会社として、ニュース配信・情報検索に関連する新規事業を、両社と協力しながら展開いたします。

1.本提携の狙い
(1)ニューズウォッチ技術を活用したYahoo!ニュースのサービス拡張
 ニューズウォッチのリアルタイムフィルタリング&検索技術により、ヤフ
ーのネット事業資産である各種コンテンツを細分化したトピックに分類や、
異なったコンテンツを関連付けることによりユーザーの細分化された情報ニ
ーズにこたえ、Yahoo!ニュースのPVアップ、広告売上アップ、ユーザビリテ
ィアップを実現する。

(2)Yahoo!ニュースとフレッシュアイの連携による収益拡大
 ヤフーニュースとニューズウォッチの個人向けニュース配信サイト「フレ
ッシュアイNews Watch」の連携により、より幅広いサービスを実現し、トラ
フィック滞留増と共同広告展開とを図る。

2.今後のニューズウォッチ、ヤフー、東芝の役割分担
(1)ニューズウォッチは、保有している言語処理技術を用いたソリューショ
  ンの提供。
(2)ヤフーは、Yahoo!ニュースを通じた、ユーザアクセスの提供と広告営業
  力でニューズウォッチを支援。
(3)東芝は、ニューズウォッチの中核技術開発に関するエンジニアリングリ
  ソースを提供。

3.相互のメリット
(1)ニューズウォッチは、自社が運営する「フレッシュアイ」へのアクセス
  増加と、それに伴う収益増、ヤフーへの技術提供を通じた収益拡大を図
  る。
(2)ヤフーは、ニューズウォッチ言語処理技術を活用してニュースサービス
  の強化を図る東芝は、自社の自然言語処理技術の強化を本共同事業にて
  行う。また、これまでインキュベートしてきた技術・事業をより大きな
  形で展開する機会を得る。

4.その他
 ニューズウォッチの現行サービスである、法人向けニュースサービス、
サイトナビに関しても、従来どおりのブランドにて、営業活動を継続し、売
上拡大を目指します。また、従来ご契約を頂いている各種新聞社様とも、こ
れまで以上に密接な関係を構築していく予定です。

用語解説

株式会社ニューズウォッチ( (リンク ») )
[英文社名] NEWSWATCH,INC
[主な事業内容]自然言語処理技術を活かしての法人向けニュースサービス、
サイト内検索ASP、フレッシュアイの運営、その他各種ASPサービス
[本社所在地]〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1銀座東芝ビル8F

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ニューズウォッチの関連情報

株式会社ニューズウォッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!