多目的データベース「マルチフォーム」をバージョンアップ

トライコーン株式会社 2006年03月23日

トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区代表:七村 守)は、メール配信ASPのオプション機能として実装している多目的データベース「マルチフォーム」のバージョンアップを行い、フォームの複製・並び替えを行う「コピー機能」、「ソート機能」とデータベースに登録されている情報を編集する「会員データ編集機能」を実装した。

トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区代表:七村 守)は、メール配信ASPのオプション機能として実装している多目的データベース「マルチフォーム」のバージョンアップを行った。

今回のバージョンアップでは、フォームの複製・並び替えを行う「コピー機能」、「ソート機能」とデータベースに登録されている情報を編集する「会員データ編集機能」を実装した。

マルチフォームとは、プレゼント応募、資料請求・問い合わせ、セミナーの参加受付など、用途に合わせたフォーム・データベースを設置する機能。


■機能一覧と詳細

1.コピー機能
─────────────
データベースの項目、フォームのHTMLデザイン、自動返信メールの文面を複製する機能。
複製されたデータベース項目、HTMLデザイン、メール文面は新規フォームとして編集・再利用することができる。

2.ソート機能
─────────────
稼動フォームの一覧画面において、フォームの名称と稼動期間を条件にして昇順/降順に並び替える機能。
同機能を利用することによって、複数のフォーム・データベースを効率的に管理できるようなる。

3.会員データ編集機能
─────────────
データベースに登録されている会員情報を編集する機能。
登録されている属性を変更したり、メモ情報を追記することによって、セミナーの出欠席管理、プレゼントキャンペーンの抽選結果、メール配信リストからの登録/削除などをシステム上で管理できるようになる。


■トライコーン株式会社

ウェブサイト : (リンク »)
所在地    : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル13F
電話番号   : 03-5324-7071
事業内容   : 電子メールを利用したビジネスモデルの企画、運営


■本件に関するお問合せ先

トライコーン株式会社
マーケティング&コミュニケーションズグループ: 奥村
電話番号   : 03-5324-7071
メールアドレス: mailto:sales@tricorn.co.jp

用語解説

▼ASP(Application Service Provider)
データセンターに設置したサーバにアプリケーションをインストールして、インターネットを介してレンタルの形態で提供するサービス。パッケージ製品の購入によるライセンスの管理やシステムの構築、維持、バージョンアップなど煩雑性を伴う作業のアウトソーシングすることで、初期導入費用を安価に抑え、低額の料金からサービスを利用できる。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライコーン株式会社の関連情報

トライコーン株式会社

トライコーン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!