ジョーカーピース、ブログに動画CMを表示するインターネットCM「Awalk」を開始

ブログに動画CMを表示するインターネットCM『Awalk』を開始 コンテンツ連動型CM事業としては国内企業初

ジョーカーピース株式会社 2006年08月09日

ジョーカーピース株式会社(本社:大阪市中央区、代表:住田賢司)は、インターネットCM「Awalk」(エーウォーク)を正式に開始します。「Awalk」はブログの内容に応じた動画広告を表示します。
Awalkでは、情報を探しているユーザー側に快適な環境を保つため、幅120×高さ90ピクセルの比較的小さな最長2分の動画広告を用意し、ユーザーがクリックすることで再生が始まるClick-to-Play方式を採用しています。
動画特有のダウンロード時間を最小限にすることで動画CMの大量配信を実現しています。広告主は表示回数、クリック数などの統計情報に加えて、動画の再生状況に関する情報も管理画面上で確認できます。
また、同サービス内で実写を含めたCMの簡易制作も請け負います。撮影編集の制作工程をパッケージ化することで費用をおさえ、中小企業様でも手軽に訴求力の高いCMプロモーションを実施することが可能になります。

特定のページに表示される動画プロモーションでは実現しなかったブログへの配信構成とインターネットの長所を活かしたテレビCMの移行型ではないコンテンツ連動型CM事業としては、国内企業初となります。

7月から試験運用を開始しており、現時点でCM登録企業は12社。配信ブログ数およそ6,800件。1日の総インプレッション数およそ155,000imp/日。クリック率は1%を超えます。8月末までに配信ブログ数は10,000件を超えることが予想されます。

料金は、簡易制作・導入費が初回50,000円、クリック10円/クリックです。
広告枠を提供しているブログ運営者は、広告料の一部を報酬として受け取ることができます。

消費行動の起点となる検索サービスにおいて上位に表示されるブログを利用し、そのブログが製品情報、商品情報、サービス内容を補完する役目を果たします。さらにそこへコンテンツ連動型のインターネットCM(動画広告)を表示することで、「ブログを使って顧客予備軍を集め、最終的にコミット(購買、資料請求)へ結び付ける」というサイトナビゲーションを実現することができます。

クリック課金ベースとすることで、今まで大手企業などの資金力のある企業でしか実現しなかったCM・動画でのプロモーションが、中小企業様にも実施しやすくなります。
また、最大2分間の映像を流すことができるという点で、地上波のテレビと比較して、より深い消費者とのコミュニケーションを図ることができるようになります。
特定のページに表示される動画プロモーションでは実現しなかったブログへの配信構成とインターネットの長所を活かしたテレビCMの移行型ではないコンテンツ連動型(※)CM事業としては、国内企業初となります。
特定のページにのみ表示される「バナー広告」を除き、インターネット広告を大きく構成する「リスティング広告」「コンテンツマッチ広告」「アフィリエイト広告」に加え、「インターネットCM」が追加されることになります。

■ブログサービス「ぶろぐま」 : (リンク »)
当社が運用している無料レンタルブログサービス。今年の4月24日からサービスを開始しています。
また、「ぶろぐま」は4月に行われた総務省「ブログ登録者数調査」に協力しています。
(リンク »)

■当社紹介
 2006年1月にインターネットサービス事業をメインとしてジョーカーピース株式会社を設立。
 無料ブログレンタルサービス「ぶろぐま」 (リンク »)
 非営利事業 C2C物々交換 (リンク »)
 を運営しています。

用語解説

※コンテンツ連動型広告:ウェブページの文脈などを解析し、その内容に応じて自動で配信する広告のこと

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ジョーカーピース株式会社の関連情報

ジョーカーピース株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!