2006年第3四半期国内企業向けプリンター市場動向を発表

IDC Japan株式会社 2006年12月04日

・企業向けページプリンターの成長は、鈍化するがリプレイス需要は持続 ・カラーレーザープリンターの出荷台数は、2四半期ぶりに増加 ・カラーレーザープリンターの出荷台数比率は26.9%に止まる

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業向けプリンター市場に関する2006年第3四半期(7~9月期)の実績を発表しました。これによると、レーザープリンター全体の出荷台数は前年同期比1.1%増の26万9,000台となりました。また、カラーレーザープリンターの2006年第3四半期の出荷台数は、前年同期比3.2%増の7万2,000台で、レーザープリンター全体に占めるカラーレーザープリンターの出荷台数比は、26.9%となりました。

レーザープリンターの出荷台数は、図に示すように2002年から2003年第2四半期にかけて、前年同期比で減少を続けてきましたが、2003年第3四半期に上昇に転じました。2006年第3四半期は前年同期の実績を上回っており、企業内でのレーザープリンターのリプレイス需要は底固いとIDCでは分析しています。

また、カラーレーザープリンターは、2006年第1四半期、第2四半期に出荷台数が前年同期を割っていましたが、2006年第3四半期は前年同期を上回りました。カラーレーザープリンターは、モノクロレーザープリンターとの価格差が縮小しています。しかしながら、企業内においてはカラー文書需要が拡大しているものの、カラー印刷とモノクロ印刷におけるランニングコスト差が依然大きいことから、カラーレーザープリンターで既存のモノクロレーザープリンターを置き換えることに企業が躊躇しているとIDCではみています。

IDC Japanプリンター シニアマーケットアナリストの坂田 信之は、「企業内で使用されてきたレーザープリンターはリプレイス期を迎えており、堅調に推移している。足元の景気も落ち着いており、2007年前半まではこの傾向が保たれるとみているが、レーザープリンター全体におけるカラーレーザープリンターの出荷台数比率は、2007年には大きな伸びを期待できない」と分析しています。

なお、今回の発表は、IDC Japanが四半期ごとに実施している出荷調査に基づき、発行されたレポート「国内プリンター市場 2006年第3四半期の分析と2006~2010年の予測」(J6120304)にその詳細が報告されています。本調査では、国内プリンター市場のテクノロジーごとの出荷台数、出荷金額、平均出荷単価について、ベンダー別、販売チャネル別、ユーザーセグメント別などの切り口から、実績と予測のデータを提供しています。
(※本リリースはこちらでもご覧いただけます。 (リンク ») )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!