ケータイ小説投稿サイト「ノベル組」サービス開始

ケータイで自由に小説、詩、エッセイ、川柳、俳句など投稿し、挿絵や表紙などイラストや写真までアップできる本格的なオリジナルケータイ書籍制作サイトの登場

株式会社アイアクト 2006年12月21日

文章を書くことが大好きな人は書き手として、絵を描くことが得意な人は描き手として、そして読書が大好きな人は読み手として参加できる読書コミュニティサイト、それが「ノベル組」です。

インターネットコンテンツ及びWEBサイトの企画・制作を手がける株式会社アイアクト(東京都渋谷区 代表取締役社長:鈴木 統夫)は、KDDI株式会社が提供するEzweb 公式サイトにおいてケータイで自由に小説や詩、エッセイなどを執筆&公開可能な読書コミュニティサイト「ノベル組」を2006年12月21日より開始します。

■「ノベル組」~小説コミュニティ~【詳細】
☆小説(文章)を書く
 小説や詩、エッセイに川柳、俳句、はたまたキャッチコピーなど表現は自由!
 自分の作品を多くの方に読んで欲しい!と思ったあなたは、月額315円で
 登録すると文章が書き放題です。(イラストの投稿も可能です)
 
★イラストを描く
 メールやカメラでアナタの絵を携帯に取り込めば、あとは簡単。
 携帯メールの送信機能を利用して、手軽にイラストの投稿ができます。
 投稿された作品はもちろんすべてノベル組に掲載。
 ケータイの壁紙になるチャンスもあります。
 (もちろん文章の投稿も可能です)

☆★オファー機能
 イラストを見ていたら、自分の小説にぴったりの絵を描いている
 イラストレーターさん発見!
 すぐオファー機能でそのイラストレーターさんに挿絵を
 依頼してみましょう。
  
 小説を読んでいたら、自分のイラストにぴったりの物語を書いている
 小説家さんを発見!
 すぐオファー機能でその小説家さんにストーリーを依頼してみましょう。
 
 ノベル組は 書き手と描き手が出会う場所でもあります。 
 協力して素晴らしい作品を作り上げましょう。

 もちろん、文章も絵も両方できる人は一人でイラスト入り作品も
 制作可能です。ユーザーの発想次第で、ライトノベル、絵本、
 日記型占い、絵日記川柳などなど、自由に作品を発表できます。

◆小説を読む
 無料で小説を読むことができます。面白い作品にどんどん触れよう!
 無料会員登録をすれば、さらに便利で楽しい機能が利用できます。
  
 ・読者の気持ちを作家に伝える以下の機能が充実。
  1)アシアト機能
    その作品を読んだ人のニックネームがアシアトとして残ります。
    作家側は、どんな人が読んでくれたのかを知ることができます。
  2)コメント機能
    作品を読んで何かを伝えたくなったらコメントを残しましょう。
    読者の気持ちを作家に伝えることが可能です。
  3)ピース機能
    コメントを書くほどでもない、コメントするのは恥ずかしい、
    そんな場合はピース機能で作家に応援の意思を表示しましょう。
    簡単に応援できるのでどんどんピースしていこう!

☆★実力主義のクラス分け制度
 作家さん、イラストレータさんの人気ランキングをもとにクラス分けを実施。
 特進クラスや特待クラスなど上位クラスを目指しましょう。
 上位クラスに入れば、作家さん専用特集ページやイラストレーターさんの
 個展などの展開や書籍化まで用意しております。

☆★多彩な投稿イベント
 毎月お題を設定した投稿イベントを開催します。
 優秀作品の投稿者には様々なプレゼントを企画中です。

■「ノベル組」~小説コミュニティ~ メニュー&URL
 <au公式サイト>
トップメニュー ⇒ TV・ラジオ・マガジン ⇒ マガジン ⇒ ノベル組~小説コミュニティ~

■「ノベル組」~小説コミュニティ~ 料金
 [有料会員] 月額315円
 小説投稿&読み、イラスト投稿&閲覧、オファー、コメント、ピース、
 検索、イベント参加、会員限定プレゼント応募などフル機能利用可能。

 [無料会員] 月額無料
 小説読み、イラスト閲覧、検索、コメント、ピースなど読む・見る機能
 を中心に小説やイラストの投稿以外 全て利用可能。

■お問い合せ先
 株式会社アイアクト
 担当:熊谷 栗原
 Tel:03-5728-1330
 Email:info_2jitiu@iact.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイアクトの関連情報

株式会社アイアクト

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!