コスト削減と救命に貢献するカメラベースの車載システム

株式会社データリソース 2007年01月15日

米国の調査会社ABIリサーチは、近年カメラ技術が進歩しているため、多くの事故原因をなくす目的で開発されているアクティブ安全機能の価格は下がると予測している

ニューヨーク、2007年1月3日
自動車事故の統計によれば、衝突保護(Crush Protection)の発展にも関わらず、近年死亡者数の減少は横ばい状態である。米国と欧州では、毎年40,000人以上の人々が自動車事故で命を落としている。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「カメラベースの車載システム」によれば、近年カメラ技術が進歩しているため、多くの事故原因をなくす目的で開発されているアクティブ安全機能の価格は下がるだろう。
「主要なサプライヤは例外なく、積極的にカメラベースの検知技術に取り組んでいる」と同社のシニアアナリストDavid Alexander氏は言う。「しかし、最初に普及し始めるアプリケーションや、何がカメラセンサに最適であるかについての意見は分かれている。」

必要とする性能のカメラが安価に入手できるため、新たな安全モデルの開発の見通しは明るい。調査レポート「カメラベースの車載システム」によれば、自動車メーカーは障害検知に多種多様な手法を使い、カメラは単独、あるいは他のセンサ技術と一緒に使われるだろう。
「機能向上に伴って画像プロセッシング技術が成熟し、自動車向けカメラは長期間にわたって成長する可能性がある」とAlexander氏は言う。「安価なアクティブ安全システムを最初にマス市場に投入するOEMは多額の収益を生み、道路の安全性は高まるだろう。」

現在開発中のアクティブ安全システムは、ほぼ全てにカメラセンサ機能が搭載される見込みである。Visteon、Siemens、Bosch、Continental、Hella、Iteris、ValeoなどのTier Oneシステム開発者にとって、市場の関心の高まりはよい兆候であり、政府機関の助けを借りて、技術の需要が大きく高まるだろう。

ABIリサーチの調査レポート「カメラベースの車載システム」は、グローバル市場の動向、コスト、安全システム開発者による様々な手法と戦略の技術査定を分析し、現在公表されている製品について論じている。2012年までのシステムの販売予測を世界および地域別に提供している。この調査レポートは、調査レポート、「ABI Insights」、アナリストへの質問時間を含む、「車載システム年間リサーチサービス」の一環として提供されている。



◆調査レポート
カメラベースの車載システム:ドライバー支援技術の地域予測と主要な競争力評価
(リンク »)

◆米国 ABI リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR