jig.jp、アプリケーションプラットホームをオープンアプリ・コンテストに提供

~ 「jigletVM」技術対応プラットホームがアプリコンテストに初採用 ~

株式会社jig.jp 2007年03月19日

携帯電話初のPCサイトが閲覧できるフルブラウザ「jigブラウザ」の企画・開発・販売を行う株式会社jig.jp(東京都新宿区 代表取締役社長:福野 泰介)は、バンダイネットワークス株式会社(東京都港区 代表取締役社長:大下 聡 以下、バンダイネットワークス)が開催する、オープンアプリ・コンテストにアプリケーションプラットホームの技術を提供致します。

今コンテストのオーサリング部門に採用される、プログラミング技術がなくとも携帯電話からアプリケーションを簡単に作成できるツール「アプリできーる」に、「jigletVM」の技術を提供致しました。

他社が行うアプリコンテストのプラットホームとしてjig.jpの技術が採用されるのは、今回が初となります。

今後、jig.jpでは自社開発したアプリケーションプラットホームを積極的に活用し、携帯電話向けアプリケーションの普及に努めてまいります。

【オープンアプリ・コンテスト 概 要】
■ 名称:auオープンアプリプレイヤー搭載記念!オープンアプリ・コンテスト

本コンテストは「社会人」「学生」「ジュニア」の3世代に向けて、それぞれ個別のコンテストを開催いたします。また、本コンテストにプログラム開発が出来ない方でも気軽に参加が出来るように、携帯電話からJava(TM)アプリを簡単に作成することができるアプリ製作ツール「アプリできーる」を3月19日より提供致します。

■ オーサリングツール提供開始日:2007年3月19日(月)

■ サイトURL  (リンク »)

■ 本リリース掲載ページ
   (リンク »)

【 参 考 】
社  名:株式会社jig.jp (ジグジェイピー)
U R L: (リンク »)
所 在 地:東京都新宿区新宿2-8-6 アクシスビル2F
代 表 者:代表取締役社長 福野 泰介
事業内容:携帯電話に関するアプリケーションの企画・開発・販売

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
 株式会社jig.jp 担当 持田(もちだ)
 TEL:03-5367-3891/ FAX:03-3350-1043
 E-MAIL:info@jig.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

用語解説

◆「jigletVM」とは
jigブラウザ上で動作し、jigブラウザのプラグイン「jiglet」を走らせる仮想マシンです。仮想マシンとは、コンピュータ・ハードウエアの動作をソフトウエアにより実現するプログラムです。jig独自に設計した仮想マシンを「jigletVM」と呼び、その上で動作するプログラムを「jiglet」と命名しました。

◆『オープンアプリ・コンテスト』とは
バンダイネットワークスが主催するアプリ開発コンテストです。「オープンアプリプレイヤー」の登場によりKDDI au端末向けにユーザーが作成し、公開することが可能となったため、あらゆる年代の方が気軽にKDDI au端末でオープンアプリを作成し、他人の作成した数多くのオープンアプリを楽しめる環境を育てることを目的としています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社jig.jpの関連情報

株式会社jig.jp

株式会社jig.jpの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!