ドロップシッピング事業を展開するビジョナリーは、2007年3月30日より会社嘉楽との 提携により北海道海産物のドロップシッピングサービスの提供を開始

ビジョナリー株式会社 2007年03月29日

 ドロップシッピング事業を展開するビジョナリー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:野村輝法 以下、「ビジョナリー」)は、2007年3月30日より有限会社嘉楽(本社:奈良県奈良市 代表取締役:辻合明男 以下、「嘉楽」)との提携により北海道海産物のドロップシッピングサービスの提供を開始することを発表いたします。

■概要
今回の嘉楽との提携により、ビジョナリーが運営するPCと携帯サイトに対応したドロップシッピングサービス「Drops(ドロップス)」に参加するドロップシッパー(販売者)は、Eコマース市場においても人気が高く売れている商品ジャンルの一つである北海道の海産物(イクラ、カニ、ほたて貝など)を商材として無在庫で販売することが可能となります。
ビジョナリーでは、Dropsに参加するドロップシッパーに対して、PCと携帯サイトに対応したショップ構築機能や決済システムなどを無料で提供するほかに、今回新たに取り扱うことになった北海道海産物の販売用の商品写真や売れ筋ランキング情報の提供やセット商品の開発などを通じて、マーケティングやプロモーション面の支援も行ってまいります。
今回提携する嘉楽社は、函館から室蘭までの噴火湾一帯の浜市場に入札権を持ち、北海道水産事業所(所在地:北海道茅部郡)を通じて直接入札や出荷業務などの体制を整えております。
  

■ドロップシッピングサービス「Drops(ドロップス)」商品拡充について
今回、嘉楽との提携により、ドロップシッパー(販売者)へ北海道の海産物の商材提供を開始するに至りましたが、今後もビジョナリーでは、商品力や価格訴求力に優れた商品を保有するサプライヤー(商品提供企業)との提携を積極的に進めていくことで、Dropsに参加するドロップシッパーの売上げを促進していき、売れるドロップシッピングサービスを目指してまいります。

●ドロップシッピングサービス「Drops(ドロップス)」について
【URL】 (リンク »)

●サプライヤー(商品提供企業)参加申請ページ
【URL】 (リンク »)

●ドロップシッパー(販売者)参加申請ページ
【URL】 (リンク »)

------------------------------------------------------------------------------
【ビジョナリー株式会社の概要】
URL: (リンク »)
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-3 第一野口ビル3F
設立年月日:2001年11月   資本金:1,000万円  代表取締役社長:野村 輝法
【有限会社嘉楽】
URL: (リンク »)
事業内容:北海道水産品卸・魚介加工・北海道農産品の販売
北海道水産事業所:〒041-1404 北海道茅部郡鹿部町字本別529番651
設立年月日:1986年6月    資本金:300万円 代表取締役社長:辻合 明男
------------------------------------------------------------------------------
【本プレスリリースに関するお問合せ先】
ビジョナリー株式会社 Drops事業部  担当:武内
TEL:03-3409-0970  E-mail:info@visionary.co.jp
●本文中に記載されている会社名、商品名は、各社の商標あるいは登録商標となります。

このプレスリリースの付帯情報

Drops(ドロップス)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジョナリー株式会社の関連情報

ビジョナリー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!