通信販売業務対応、中・小規模コールセンター向け顧客管理(CRM)システム「TIC for Shopping」を発売

2007年1月に発売した「TIC basic」の通信販売業務対応バージョンです。

株式会社CRF 2007年04月10日

株式会社CRF(所在地:東京都渋谷区 代表:中原利彦)は、安価でカスタマイズの容易な通信販売業務対応、中・小規模コールセンター向け顧客管理(CRM)システム・パッケージ「TIC for Shopping」を発売しました。

「TIC for Shopping」は、通信販売業務における顧客対応履歴と受注処理を管理するデータベースです。

Microsoft Office Accessをベースに開発し、同時閲覧10名、同時更新5名までの利用を想定した、80万円(税込)からの、安価でカスタマイズの容易なシステムです。

基本構成の他に、別途オプションで個別機能を付与することも可能。

通信販売業務における顧客管理、販売管理は、事業規模が大きくなるまでの初期段階では、価格等の問題などから、なかなかデータベース導入に踏み切ることは難しかったのではないかと思います。
加えて、お電話でのお問い合わせ、受注とをあわせて管理できる製品は選択肢も限られていたのではないでしょうか。

すでに、弊社スタッフがテレマーケティングのアウトソーサーとして培ってきた経験を活かし開発した、安価でカスタマイズしやすく、操作性の良い顧客管理システム「TIC basic」を基に、通信販売での受注処理、販売管理機能を組み合わせました。

「TIC」を導入することで、低コストで業務に沿ったソフトウェア環境を整備し、より良い顧客サービス実現の基礎作りが可能です。

なお、製品のカタログならびに注文書をホームページよりダウンロードしていただけます。
ご検討、ご購入の際にご利用ください。

==========================================================
■製品概要
==========================================================

《製品ラインナップ》  本体価格/標準価格

■TIC for Shopping 800,000円[税込]

《発売日》 : 2007年4月10日(火)
《販売元》 : 株式会社CRF
《動作環境》 : Microsoft Office Access 2000以上が動作する環境

《CRFホームページ》
(リンク »)

《TIC for Shopping 製品ページ》
(リンク »)

《プレスリリースに関するお問合せ先》
■株式会社CRF
■TEL : 03-5371-2511
■FAX : 03-5371-2533
■E-mail : tic_info@cr-f.co.jp


【株式会社CRFとは】
株式会社CRFは、マルチ・チャネル・コンタクトセンターのアウトソーサーとして、コールセンター、顧客サービス、Webデザイン・運営管理の経験者によって、2006年7月に設立された企業です。
現在までに、クライアント様より高い評価を頂戴しております。

【本件の連絡先】
株式会社CRF
Tel 03-5371-2511 FAX 03-5371-2533
e-mail: tic_info@cr-f.co.jp
URL: (リンク »)
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-60-11
東興本社ビル8階

用語解説

CRM(Customer Relationship Management):カスタマー・リレーションシップ・マネジメントの略。
顧客とのやり取りなどをデータベース化し対応履歴を管理することで、顧客の利便性と満足度を高め、長期的な取引関係やブランド構築をおこない、収益の安定、向上に寄与することを目的とする取り組み方、またはシステムソリューションを指す。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社CRFの関連情報

株式会社CRF

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!