New Technology/enterprise社とテクノロジックアートが両社の製品、JeeWiz 及びパターンウィーバーの技術連携及び共同ビジネス開発を発表

株式会社テクノロジックアート 2007年04月16日

株式会社テクノロジックアート(代表取締役:長瀬嘉秀、東京都文京区本郷)並びにNew Technology/enterprise社(CEO: Matthew Fowler、本社:英国、ロンドン)は、本日、両社の製品※1「パターンウィーバー」と「JeeWiz」を連動し、日本において共同でビジネスを開発することを発表します。

株式会社テクノロジックアート(代表取締役:長瀬嘉秀、東京都文京区本郷)
並びにNew Technology/enterprise社(CEO: Matthew Fowler、本社:英国、
ロンドン)は、本日、両社の製品※1「パターンウィーバー」と「JeeWiz」を
連動し、日本において共同でビジネスを開発することを発表します。「パタ
ーンウィーバー」はUMLモデリングツールとして、分析/設計工程の支援を行
います。一方、「JeeWiz」はパターンウィーバーで作成したモデルを読み込
み、Java/J2EEソースコードを自動生成します。両製品の連携はXMI形式での
データ交換により実現され、この連携によりモデル駆動(MDA: Model Driven
Architecture)型の開発が可能になり上流工程から下流工程までシームレスな
開発を行うことできます。両社は今後、Java開発がより迅速に行える機能を
紹介する予定です。今後のビジネス展開及び詳細は、弊社サイト
(  (リンク »)  )をご覧ください。


上記に関するお問い合わせ
株式会社テクノロジックアート マーケティング部
TEL:03-5803-2788
e-mail: marketing@tech-arts.co.jp
URL: (リンク »)


------
New Technology/enterprise Ltd (  (リンク »)  )
New Technology/enterprise社は英国ロンドンに本社を置き、JeeWiz J2EEシステムを開発及び販売、そしてJava/J2EE開発向けコンサルティング及び開発サービスを提供している。JeeWizジェネレータはモデル駆動(MDA)型ツールで、UMLモデルから直接的に、充分に検証済みのアーキテクチャ及びアプリケーションフレームワークを作成する。


株式会社テクノロジックアート (  (リンク »)  )
UMLを中心としたオブジェクト指向技術の浸透に貢献すべく、コンサルティング業務、トレーニング、設計開発を行う。また、アジャイル開発にも積極的に取り組み、エクストリーム・プログラミング、スクラムと言った開発方法を実践し、最先端技術の導入も率先してきた。マーティン・ファウラー氏の著書をはじめとして、企業向けソフトウエアの設計に関する数多くの本を翻訳している。

用語解説

※1「パターンウィーバー」
テクノロジックアート社が販売するUMLツール。Eclipseプラグイン。2月21日、待望のマイナーバージョンアップ版「パターンウィーバー」ver2.2を販売。Eclipseを全く意識せずパターンウィーバーを使用できるRCP版も同時に発売中。なお、ユーザーサポート契約者(ver2.1対象)には、無料でマイナーバージョン
アップを行っている。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社テクノロジックアートの関連情報

株式会社テクノロジックアート

株式会社テクノロジックアートの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!