日立システム、大規模システム向けにアジャイル開発採用を検討開始

田中好伸(編集部)

2009-12-25 12:56

 日立システムアンドサービス(日立システム)は12月25日、大規模システム向けにアジャイルプロセスを同社の標準開発基盤の標準プロセスとして採用するための検討を開始したことを発表した。

 これまでアジャイルは、小規模システムに適したものとして関心が持たれていた。しかし、米のThoughtWorks Software Technologiesが、アジャイルで海外での大規模システムの開発で成功していることと、景気低迷による開発コスト削減への対応から、大規模システムへのアジャイル適用が注目を集めている。

 こうした状況を受けて日立システムは、ThoughtWorksと国内でアジャイルに関するコンサルティングを提供するテクノロジックアートとの連携も視野に入れて、大規模システム向け日本版アジャイルを、日立システムの標準開発基盤「COMMONDATION」の標準プロセスの一つとして採用していくことを検討していく。採用が実現すれば、クラウドコンピューティングやユーザビリティなどのシステム開発に順次適用していくことで、効率向上を図れるとしている。

 COMMONDATIONは、プロセスやフレームワーク、ツール、ノウハウを体系付けた日立システムの標準開発基盤。それぞれを連携して活用することで、生産性と品質の向上を目指しているという。

 日立システムは2002年から社内システム開発を中心にアジャイルの評価を行ってきている。その中で、アジャイルの適用は小規模システムが中心であり、大規模システムにはウォーターフォールをベースとして、アジャイルのいいとこ取りをしたブレンド型のプロセスを適用してきた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]