必見!400社構築!内部統制ツール

400社の構築のノウハウを提供します

株式会社SEIN 2007年05月25日

内部統制は文書化も大変です。しかし、評価作業はさらに大変です。内部統制導入次年度からは、毎年四半期ごとに評価活動が行われ、年次内部統制報告書を作成されます。とくに、評価には多くの担当者が係ることになります。しかも、評価結果の集計、不備管理、すべての記録の保全など、膨大な作業になり、ツールを有効に利用する必要があります。 http://www.seinplan.com/

株式会社SEINでは、2006年6月の日本版SOX法の制定と同時に、内部統制の整備・運用評価支援ツールであるICARUS(Internal Control Assessment & Risk Universe System)を発売しております。弊社のICARUS内部統制システムは、COSOモデルに依拠し、アメリカのDeloitte監査法人の方法論に基づいて作られたシステムであり、韓国企業、日系企業など400社に導入されています。

現在、日本では8社のパートーナー企業と内部統制支援サービス、文書化・評価ツール提供、評価者教育訓練、内部統制監査などの事業を展開しております。


*製品の詳細

ICARUSの特長
・J-SOX法に適切に対応するための、「内部統制の評価手続」と「改善計画」を体系的に管理します。
・設計評価と運用評価を区分し、内部監査効果を最大化します。
・統制活動と統制目的を個別に評価する2tier Ratingシステムであることから内部統制の改善活動を誘導します。
・Coordinator, Assessor, Tester, ReviewerのSign-off役割別の個別機能と権限管理を行います。
・監査・監査役会、経営陣のための要約報告書など多様な報告体系と体系的な承認手続の支援をします。
・常時点検モジュールとの容易なインターペースのための連係モジュールを提供します。
・系列会社、事業部門などのモニタリングが必要な対象に対する総合管理が可能であります。


ICARUSにおける内部統制の整備・運用評価支援
ICARUSは、日本版SOX法が要求している全社的内部統制、IT全版統制、IT業務処理統制、業務処理統制を整備・運用するためのフレームワークを提供・支援しています。

具体的には、Coordinatorが内部統制の範囲などを設計し、Assessorは内部統制の整備および自己診断をし、独立されたTesterがテストを行います。そして、Reviewerがそれぞれを検討し問題がなければ承認をし、報告書が作成され、取締役会および経営陣の最終承認が行われます。しかし、問題がある場合TesterはAssessorに、ReviewerはAssessor、Testerにフィードバックさせ、不備の改善活動を促します。したがって、ICARUSの内部統制システムにおいては、内部統制の整備・運用・改善・モニタリングのサイクル、内部統制の根拠となる各種報告書の作成が可能であり、内部統制の整備・運用を強力に支援します。


ICARUSの動作環境
ICARUSの動作環境はASP,JAVA両方であり、迅速な導入が可能であります。




お問合せ先

株式会社SEIN

担当者:松田光央
TEL:03-3699-9904

〒135-0016
東京都江東区東陽5-13-5インテックビル3F
TEL:03-3699-7312  Fax:03-3699-7413
E-mail:info@seinplan.com/ 

株式会社SEIN

〒135-0016
東京都江東区東陽5-13-5インテックビル3F
TEL:03-3699-7312  Fax:03-3699-7413
E-mail:info@seinplan.com/ 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社SEINの関連情報

株式会社SEIN

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR