Tufin社「SecureTrack 4.0」販売開始

ファイアウォール運用管理ソフトウェア 大幅な機能強化

有限会社先端技術研究所 2007年06月14日

先端技術研究所は、イスラエル国 Tufin Software Technologies社製品の新バージョン「SecureTrack 4.0」の販売を開始した。SecureTrackは、ファイアウォール運用管理の ソフトウェア ソリューションで、セキュリティ強化、サービス中断低減、手動作業自動化を実現する。

Press Release: 2007-06-14


先端技術研究所
Tufin社「SecureTrack 4.0」販売開始
ファイアウォール運用管理ソフトウェア
大幅な機能強化

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、 (リンク ») 、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、イスラエル国 Tufin Software Technologies(ツフィン ソフトウェア テクノロジース)社製品の新バージョン「SecureTrack(セキュアトラック)4.0」の販売を開始した。SecureTrackは、ファイアウォール運用管理の ソフトウェア ソリューションで、セキュリティ強化、サービス中断低減、手動作業自動化を実現する。

SecureTrack 4.0は、包括的かつインストール容易なソリューションで、ファイアウォール ポリシィの有効性を大幅に強化する。Check Point社、Cisco社、Juniper社ファイアウォールをサポートし、企業ポリシィを容易に監視、分析、監査することで、複雑な ファイアウォール ポリシィの管理を課せられたファイアウォール運用チームやセキュリティ要員に、多大な可能性を与える。

Tufin社の管理と開発チームは、ファイアウォール変更管理において専門的知識を要求する顧客、パートナー、リセラーからも高く評価されている広範囲の技術および販売の経験を提供している。この最新バージョンは、2006年における会社の急成長の上に築かれている。いくつかの大企業は、既にTufin社の技術に完全に依存している。

SecureTrack 4.0は、多大な機能性を追加しており、包括的 ファイアウォール セキュリティ監査機能に乏しい他のソリューションを明らかに凌ぐことで自らを差別化している。Tufin社は、オブジェクト レベルでのルール使用分析のための特許出願中の技術を開発し、IT管理者やセキュリティ要員が、使用されていないネットワークやサービスのオブジェクトを識別することを可能にした。強力な成功事例の設定を提供し、ファイアウォール設定の自動化されたセキュリティ監査を実現する。比類なき構成のみならず、設定と使いやすさ、包括的レポートと組み合わさり、機能満載のソリューションは、Tufin社の技術的専門知識に裏打ちされ、業界標準を決定付けている。

Tufin社の強力なセキュリティ監査は、成功事例と標準業界指針に基づき、数十の自動化された ファイアウォール ポリシィ設定検査を包含している。

SecureTrack 4.0の無比の機能として、下記のものがある。

変更管理: 変更を監視し、それをリアルタイムにレポートし、全面的説明責任のための包括的かつ厳密な監査証跡を堅持する。

セキュリティ ポリシィ最適化と浄化: 込み入ったポリシィの分析と浄化は、より強固なセキュリティを可能にし、セキュリティと性能を向上させる整然とした効率の良いシステムを堅持する。

リスク分析と事業継続性: 潜在的 セキュリティ リスクを識別するための強力なシミュレーションとリスク分析は、組織的セキュリティ標準によるコンプライアンスを保証し、サービス中断を防止する。

クロスプラットフォーム視覚監視: Check Point社、Cisco社、Juniper社ファイアウォールのファイアウォール ポリシィ、ルール ベース、設定変更の直感的グラフィカルな一覧。

監査と法規制遵守: SOX、PCI-DSS、HIPAA、ISO 17799、Basel IIを含む客観的第三者サポート業界規制による ファイアウォール ポリシィ変更の完全な監査。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ等を経由して販売を行う。

■ SecureTrack (リンク »)

■ Tufin Software Technologies (リンク »)

Tufin社は、ファイアウォール運用管理ソリューションのリーダ的開発元である。Tufin社の旗艦製品であるSecureTrackにより、管理者は、全体像を容易に理解し、コンプライアンス要求に適合する企業セキュリティ標準により事業を整列させることができる。Tufin社は、2003年に設立され、本社をイスラエルの Ramat Gan(ラマットガン)に置いている。

■ 先端技術研究所 (リンク »)

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp

このプレスリリースの付帯情報

SecureTrack

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

有限会社先端技術研究所の関連情報

有限会社先端技術研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?