岡三証券の債券フロントシステム全面更新案件を受注・納入

■多種多様な金融商品を商品横断的に統合管理、取引のSTP 化を実現 ■リアルタイムでのコンプライアンスチェックを実現

株式会社シンプレクス・テクノロジー 2007年06月26日

■大手総合証券上位10社中9社が、当社債券系フロントシステムを導入 ■債券フロントシステムのデファクトスタンダードとして今後さらに拡販 金融機関の収益業務(フロント業務)に特化して同業務を支援するシステム開発およびサービス事業を展開する株式会社シンプレクス・テクノロジー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:金子英樹)は、岡三証券株式会社(本社:東京都中央区 取締役社長:田中健一)の債券フロントシステム全面更新案件を受注しました。同システムの構築には、当社の債券フロント業務向けパッケージ商品「債券統合ディーリングシステム」を用いることにより、多種多様な金融商品の商品横断的な統合管理、取引ワークフローのSTP化、リアルタイムコンプライアンスチェックなど、最先端の債券ディーリング環境を提供します。

進化した債券フロントシステム:従来の業務ワークフローの効率化により、収益機会を拡大

■債券取引のワークフローを一元管理(STP化)
従来、顧客からの注文を受けるセールストレーダーと、マーケットで実際に取引を行うディーラーとの間の業務連携は電話と紙の伝票でやりとりされることが一般的でした。そこで、この債券統合ディーリングシステムは、伝票打刻→約定入力→ポジション更新→アロケーション→コンプライアンスチェック→コンファメーション送信→勘定系約定転送といった一連の取引ワークフローをシステム上で一元管理することにより、ワークフローを自動化、同時に完全ペーパーレス化し、「ワークフローにおける人的ミスの排除」、事務効率の飛躍的向上による「従来の事務作業負担からの開放」を実現しました。
また、取引所との接続機能も同一ワークフロー上に構築することで、先物・オプションの自動約定処理も実現しています。
このようなSTP化の実現により、当システムは、お客様が本来の目的である収益拡大の追求に集中できる環境を提供します。

フロント、ミドル、バックオフィス間で取引情報を共有
取引の発生とともにポジション、損益、リスクが即座に更新され、その取引情報はバックオフィスシステムに送信、共有されます。また、営業店からのリテール取引情報も一日毎にフロントシステムに取り込み、販売状況確認と残管理をタイムリーに行えます。

■リアルタイムなコンプライアンスチェックをサポート
最新の取引情報を一元管理することで、取引上のコンプライアンス管理についても随時チェックが可能です。値幅制限・契約徴求確認などについては、取引入力時にチェックがかかるとともに、例外時の承認プロセス機能も実装しているため、万全のコンプライアンス体制を実現します。

■業界シェアNo.1債券フロントシステム
当社の債券フロントシステムは、その「パッケージとしての導入しやすさ」と、純国産の自社開発パッケージであることを活かした、「柔軟なカスタマイズ対応、きめ細かな保守・サポート体制」などにより、銀行、証券、政府系運用機関、バイサイドなど多数のお客様に採用いただいており、債券フロント業務分野においてはデファクトスタンダードといえる債券フロントシステムです。
当社はこの豊富な経験と実績を活かし、当システムを今後さらに拡販してまいります。


システム開発に関するご相談・お問い合せ先
(株)シンプレクス・テクノロジー
営業担当:藤野
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1日本橋一丁目ビルディング15階
Tel: 03-3278-6750  
eMail: sales@simplex-tech.co.jp

本件に関するマスコミの方のお問い合せ先
(株)シンプレクス・テクノロジー
アドミニストレーショングループ:瀬尾
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1日本橋一丁目ビルディング15階
Tel: 03-3278-6750  
eMail: ir@simplex-tech.co.jp

用語解説

シンプレクス・テクノロジーは、金融機関のフロントオフィス業務(収益業務)分野におけるシステム開発のリーディングカンパニーです。1997年の会社設立以来、大手証券会社や都市銀行などでのディーリング・リスク管理に代表されるフロント業務を高いレベルでサポートできる最先端かつ高品質のコンサルティング・システムソリューションを提供しています。

シンプレクス・テクノロジーは、2002年2月のJASDAQ上場、2004年5月の東京証券取引所第二部上場を経て、2005年9月に会社設立以来7年11ヶ月で東京証券取引所第一部へのスピード上場を果たしました。当社は今後もお客様のビジネスパートナーとして、常に最先端かつ最高峰のソリューションを提供してまいります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社シンプレクス・テクノロジーの関連情報

株式会社シンプレクス・テクノロジー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!