シーゴシステムズ、I/O仮想化コントローラの接続を拡張する サーバ・スイッチを発表

低コストのInfiniBandソリューションでI/Oボトルネックを解消

シーゴシステムズ・ジャパン株式会社 2007年07月04日

 シーゴシステムズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中克和、以下シーゴシステムズ、以下シーゴ)は本日、シーゴのI/O仮想化コントローラ「Xsigo VP 780(以下VP780)」の接続を拡張するサーバ・スイッチ「Xsigo IS24(以下IS24)」を発表しました。
 
 IS24は、1Uラックサイズのサーバ・スイッチで、InfiniBand(20Gbps/10Gbps)を24ポート搭載します。プラグランドプレイでVP780に接続し、ソフトウェアによるコンフィギュレーションなしに、そのままVP780の拡張ポートとして透過的に機能させることができます。価格は1,125,000円(税別)で、7月中旬よりシーゴシステムズの販売代理店各社を通じて出荷されます。
 
 IS24は、VP780と併用することで、多数のサーバのI/Oを集約し、機器間接続(インターコネクト)の配線や運用管理を簡素化します。サーバ統合や仮想環境の導入、大規模ITシステムの運用管理の簡素化を検討している企業やデータセンタ向けのスイッチです。主な特徴は次の通りです。
 
・ プラグアンドプレイでシーゴのI/O仮想化コントローラVP780に接続
・ 480Gbpsのノンブロッキングスイッチング性能(全二重)
・ InfiniBandのプロトコルを使用する場合、サーバ間の遅延は4マイクロ秒以下
・ InfiniBand×24ポート(銅線、20Gbps/10Gbpsを自動認識)
・ PCI-Express準拠のx86サーバおよび汎用OSに対応


 構成例は様々ですが、IS24とVP780との接続に40Gbpsを確保する場合、VP780は最大120台のサーバをIS24を通じて透過的に接続できるようになります。IS24およびVP780の詳細は、
(リンク ») をご覧下さい。


シーゴシステムズ・ジャパン株式会社について

シーゴシステムズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中克和、以下シーゴシステムズ、以下シーゴ)は、米シーゴシステムズ(Xsigo Systems, Inc. 本社:米カリフォルニア州サニーベール、CEO:アショック・クリシュナマティ)の100%子会社です。サーバやストレージへの動的な接続を可能とするシーゴのI/O仮想化コントローラは、データセンタや企業のITシステムにかかる費用と効率を大幅に改善します。詳細は、 (リンク ») をご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シーゴシステムズ・ジャパン株式会社の関連情報

シーゴシステムズ・ジャパン株式会社

シーゴシステムズ・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!