サイバーステップ、フジテレビと提携

~オンライン3D対戦格闘ゲーム『ゲットアンプドR』の「お台場ランド」でのサービスを開始~

サイバーステップ株式会社 2007年07月11日

オンラインゲームの開発、ライセンス事業及びサービス事業を行っているサイバーステップ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 類、以下「サイバーステップ」)と株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:豊田 皓、以下「フジテレビ」)は、オンライン3D対戦格闘ゲーム『ゲットアンプドR』においてマーケティング提携契約を締結し、7月11日よりフジテレビが運営するインターネットゲームポータルサイト「お台場ランド」にて、同タイトルを提供することを決定いたしました。

■提携内容■
▽提供開始日時(予定)
  2007年7月11日(水曜日)
▽提供内容
  ゲットアンプドR
▽提供先
  お台場ランド(フジテレビ公式ホームページ内)
   (リンク »)
▽提携目的
『ゲットアンプドR』のサービス運営、企画、管理はサイバーステップが行い、「お台場ランド」を通じての集客、サイト内における告知はフジテレビが行います。
『ゲットアンプドR』の「お台場ランド」でのサービス開始により、より多くのお客様に『ゲットアンプドR』を遊んでいただく機会を増やし、主力ゲームコンテンツとして「お台場ランド」のサービス全体の価値を向上させていくことを目指しております。

 フジテレビとサイバーステップは今後も連携を強め、オンラインゲームやサービスの展開に注力してまいります。


■お台場ランドについて (URL:  (リンク ») )
運営: 株式会社フジテレビジョン
フジテレビホームページのゲームコーナー「お台場ランド」。
子供から大人まで幅広く楽しめるオリジナル無料ゲームが60種類以上ラインナップされています。その中でも注目コンテンツとしては、毎日ガチャガチャでおやつを集めるゲーム「ネットでガチャガチャ」や、世界各国の海で貝をほりまくる「ネットで潮干狩り」が人気を集めています。また、今年の夏には新作ゲームとして「ネットで地引き網」がフジテレビイベント「冒険王」との連動ゲームとして登場します。
今後もさらにオンラインゲームをラインナップし、これまでにない全世代が楽しめるゲームポータルを目指します。

■ゲットアンプドRについて (URL:  (リンク ») )
開発・運営: サイバーステップ株式会社
『ゲットアンプドR』は、『ゲットアンプド』の日本版です。
『ゲットアンプド』は、最大8名による本格的オンライン3D対戦格闘ゲームです。
現在、日本を含む9つの国と地域でサービスされており、全世界の登録ユーザー数は2007年5月末時点で2,100万人を超える自社開発の人気タイトルです。
子供から大人までが楽しめるコミカルさと本格対戦格闘の要素を併せ持ち、キャラクターの髪型や衣服、表情など自分の好きなようにカスタマイズできるという特長もあります。
遊び方も、通常の対戦格闘ルールに加えて、サッカー、バスケットボール、旗取り、玉割りなど様々なルールで対戦を楽しむことができます。

■サイバーステップ株式会社の概要 (URL:  (リンク ») )
本社所在地  東京都渋谷区笹塚一丁目48番3号
代表者     代表取締役社長 佐藤 類
設立年月日  2000年7月13日
資本金     3億3489万5千円
事業詳細   オンラインゲームなどのネットワーク・エンターテインメントソフトウェアおよびネットワークに関するコアテクノロジーの研究開発を推進し、自社開発オンラインゲームのライセンス事業をアジアを中心に展開しています。また、日本国内においてオンラインゲームを自社運営する「オンラインゲームサービス事業」も展開しています。

※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


《本リリースに関するお問い合わせ先》
サイバーステップ株式会社
経営管理室 広報担当 / 宮地
TEL 03-5465-1500
E-Mail cpr@cyberstep.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイバーステップ株式会社の関連情報

サイバーステップ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?