「弁護士ドットコム」、弁護士限定SNS『弁護士ネットワーク』を8月1日よりスタート!

オーセンスグループ株式会社 2007年07月31日

日本最大級の弁護士比較見積サイト「弁護士ドットコム」を運営するオーセンスグルー プ株式会社(東京都港区、代表者:元榮太一郎)は、8月1日より、弁護士などの法曹関 係者限定のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のサービスを開始します

---------------------------------------------------
弁護士ネットワーク
(リンク »)
・弁護士ネットワークとは
(リンク »)
---------------------------------------------------

■「弁護士ネットワーク」とは?
弁護士・検察官・裁判官などの法曹関係者限定のSNSです。利用者を限定することで、
法曹関係者に特化した情報共有・交換が可能。将来的には、量刑データベースや
慰謝料データベースを構築する予定です。法曹関係者の有益な情報交換ツールとして
ご利用頂けます。


■「弁護士事務所の約4割の弁護士は1人」(2006年6月5日日弁連実勢調査)、また近年の
司法制度改革により経験の浅い弁護士も増加中。これに対して、弁護士などの法曹関係
者限定のSNSは、通常のSNS上では出来ない情報交換・共有の場を提供し、市民に対する
司法サービスの質の維持に貢献することが狙いです。


■利用料は無料で、利用方法としては、主に以下のようなことが考えられます。

(1)事例や判例に関する情報交換・情報検索
(2)同期との同窓会や同好会の連絡
(3)法律相談・当番弁護交代の依頼など

さらに将来的には、
(4)量刑データベースや慰謝料データベース
(5)弁護士求人情報
などの展開を予定しております。


■既に全国の弁護士へ告知したところ100名近い仮申込を受け付けており、8月1日のサービス
スタート以降は、弁護士ドットコムへ登録している弁護士363人(7月30日時点)からの登録
も受け付けます。これにより、年内1000人の会員獲得を目指します。


■法曹関係者の有益な情報交換ツールとして、多くの弁護士などの法曹関係者に弁護士ネット
ワークをご利用頂き、これを軌道に乗せることで、将来的には税理士など他の専門家向けSNSも
順次開設していく予定です。



▼弁護士ドットコム( (リンク ») )とは
「弁護士サービスをもっと身近にもっと便利に」を理念に、気軽に弁護士に相談することが
出来る場を提供するサイト。


▼弁護士ドットコムのサービス
・「インターネット法律相談(1回2往復3150円)」
→24時間365日いつでもどこでも弁護士に相談可能
・「弁護士費用の一括見積(無料)」
→最大10名の弁護士からの見積回答を受け取ることが出来る
・「弁護士検索サービス(無料)」
→弁護士の口コミ情報や充実したプロフィールを閲覧できる
・「みんなの法律相談所(無料)」
→法律問題に特化したQ&Aサイト。弁護士からの無料回答も期待できる


【本件に対するお問い合わせ】
オーセンスグループ株式会社
担当:福田竜一
mail:fukuda@authense.co.jp
tel:03-5549-2555
会社URL: (リンク »)
住所:東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台8階


◆弁護士ドットコムは、「日本初」の弁護士の見積比較サイトという革新的なサービスであることも
あり、大前研一のアタッカーズビジネススクール主催の事業計画コンテストではエコノミストの大前
研一氏から評価されて優勝し、ドリームゲート主催の「ドリームゲートアワード」では並み居る有望
ベンチャー企業がエントリーする中、ノミネートされています。また、2005年10月の運営スタート
以降、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞、産経新聞などの新聞各社、日本テレビの「行列のできる
法律相談所」、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」やフジテレビの「めざましテレビ」など
多数のメディアで紹介されています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オーセンスグループ株式会社の関連情報

オーセンスグループ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?