家庭用ゲーム機の楽しみを広げるXLink Kai Evolution VIIの日本語対応ベータ版ソフトウェアを開発

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2007年07月31日

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、PSP(R)などの家庭用ゲーム機の通信機能をインターネットで利用可能にするXLink Kai Evolution VIIの日本語版の開発を進めており、8月中旬にWindows用ベータ版ソフトウェアを弊社ウェブサイトで無償公開いたします。これによって、現在英語版しか提供されていないため利用方法がわからなかったユーザでも、より使いやすい日本語環境で利用できるようになります。今後もプラネックスはTeam XLinkと連携してサービスの開発、拡充を行い、ゲームユーザを中心とした市場に対し、新しいエンターテインメントを提供します。
(リンク »)

■XLink Kaiとは
XLink Kaiは家庭用ゲーム機の通信機能をインターネットで利用できるようにするネットワークシステムです。PSP(R)のモンスターハンターポータブル2ndをはじめとする多くの通信対応ゲームをインターネットを経由してオンラインで協力プレイや対戦などを可能にします。PSP(R)の他にもPlayStation(R)2、Xbox、ニンテンドーゲームキューブにも対応しています。利用するために必要なXLink Kaiソフトウェア(XLink Kai Evolution VII)は現在英語版が無償で提供されています。プラネックスコミュニケーション
ズはTeam XLinkと提携してサービスの運用、開発を行っています。詳細はXLink Kai公式サイト(英語)および弊社XLink Kai公式サイト(日本語)をご覧ください。

※「PlayStation2」および「PSP」はソニー・コンピュータエンタテインメ ントの登録商標です。
※Xboxは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ニンテンドーゲームキューブは、任天堂の登録商標です。
※モンスターハンターポータブル2ndは株式会社カプコンの登録商標または商標です。
※品名および会社名は各社の商標または登録商標です。


<XLink Kai Evolution VII日本語版動作確認予定 弊社無線LANアダプタ一覧>

■プラネックス製
●GW-US54Mini2G
[携帯ゲーム機用インターネットアダプタ ゲームリンクX II]
●GW-US54Mini2W
[IEEE802.11b+g 無線LAN USBアダプタ ホワイト]
●GW-US54Mini2B
[IEEE802.11b+g 無線LAN USBアダプタ ブルー]
●GW-US54GXS
[IEEE802.11b+g 無線LAN USBアダプタ]
●GW-US54GD
[アクセスポイント検索機能付 無線LAN USBアダプタ]
●GW-US54HP
[IEEE802.11b+g ハイパワー無線LANアダプタ]

※上記製品は当社のオリジナル商品であり、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント、任天堂株式会社、米国 Microsoft Corporationのライセンス商品ではありません。


<XLink Kai Evolution VII日本語版に対応予定の他メーカー製無線LANアダプタ一覧>

■株式会社ゲームテック製
●WA0588 [Wi-Fi USBアダプタ]
●YA0632 [Wi-Fi USBアダプタ2]

■株式会社コレガ製
●CG-WLUSB2GPX
[54Mbps(IEEE802.11g/b)規格対応 USB接続 無線LANアダプタ]
●CG-WLUSB2GPXC
[IEEE802.11g/b対応無線LAN USBアダプタ]
●CG-WLUSB2GPXW
[IEEE802.11g/b対応無線LAN USBアダプタ(ホワイトモデル)]
●CG-WLUSB2GPXN
[IEEE802.11g/b対応無線LAN USBアダプタ(ネイビーモデル)]
●CG-WLUSB2GPXP
[IEEE802.11g/b対応無線LAN USBアダプタ(ピンクモデル)]

※上記製品は、対応予定の製品であり変更となる場合がございます。また、上記以外の他社製無線LANアダプタを使用してXLink Kai Evolution VII 日本語版の利用はできません。


プラネックスコミュニケーションズ株式会社について

1995年7月設立のプラネックスコミュニケーションズは2001年にJASDAQ市場へ上場しました。ネットワーク関連機器を中心とした製品構成で、製品企画、開発、販売などを行っています。ルータ製品、無線LAN機器、法人、学校、政府、その他公的機関向けVoIP関連機器およびL2/L3PoEスイッチ等、主に消費者のニーズを基本とした製品をメインプロダクトとして扱っています。2005年5月には、携帯電話向けソフトウェアを主力製品とするトリスター株式会社を傘下に納め、携帯電話やそのネットワークに対応した機器等の開発、販売という新たなビジネス展開も行っております。プラネックスコミュニケーションズは新たな企業理念である『We Network your Entertainment.』を広く製品・サービスに付加し、利用するユーザへネットワークの本当の価値を届けます。

Team XLinkについて

Team XLinkは全世界のゲームユーザ向けに2003年3月にスタートした非営利の共同プロジェクトです。Team XLinkのソフトウェアとインフラを利用して、プレーヤーはインターネットを介して通信プレイを楽しむことが出来ます。XLinkの提供するソフトウェア、サービスはすべて無償なうえ、バナー広告等の目
障りなものはありません。オンラインゲームを通じてTeam XLinkは世界中の人々を結びます。



【メディアご担当者様お問い合わせ先】
(リンク »)

【読者からのお問い合わせ窓口】
0120-415-976

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!