PC市場で足がかりを得るソリッドステートドライブ

株式会社データリソース 2007年08月02日

米国調査会社インスタット社は、ソリッドステートドライブ(SSD)は、2011年までのPC市場では6%未満の普及率しか期待できないが、2006年にはほとんどゼロの状態から2011年には驚くべき成長をして2400万ユニットの出荷という大きな成長を予測している。

ソリッドステートドライブ(SSD)は、2011年までのPC市場では6%未満の普及率しか期待できないが、2006年にはほとんどゼロの状態から2011年には驚くべき成長をして2400万ユニットの出荷という大きな成長が見込まれると、米国調査会社インスタット社は報告する。この成長の大部分は、UMPCとMIDプラットフォームなどのウルトラモバイルデバイス(UMD)市場によるものである。

「HDDを使用するよりもストレージが少ないのに、より高い金額を支払おうというパソコン購入者はめったにいない。そのためインスタット社は、今後数年間は、この用途においてハードディスクドライブやハイブリッドドライブがソリッドステートドライブよりも勝るということは無いと見ている。にもかかわらず、省電力、高信頼性、低騒音、高速アクセスなどのソリッドステートドライブの長所が、特に軍用や産業向けUMDなどの高い耐久性の必要とされる分野で急速に成長するだろう」とインスタット社のアナリストJim McGregor氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ SSDは価格が高いため、HDDと同様に受け入れらるというわけにはいかない
■ HDDの価格下落は、SSDの価格下落カーブと同様の状態にある
■ 軍と産業設計者は、HDDよりSSDを選ぶだろう

インスタット社の調査レポート「ソリッドステートドライブ(SSD)市場:技術と主要企業 - Will Solid-State Drives Revolutionize PCs?」は、世界のパソコン市場におけるソリッドステートドライブの市場を調査している。2011年までのSSDなどのパソコンの様々なタイプのハードドライブの予測、価格と技術比較、SSDの長所と短所に関する広範な分析、SSD市場の主要企業のプロフィールを提供している。調査レポートの著者Jim McGregor氏とその他のインスタット社のアナリストが、半導体とエレクトロニクス産業に関するさまざまな技術的、市場トピックに関してコンサルティングサービスを提供する。

[調査レポート]
ソリッドステートドライブ(SSD)市場:技術と主要企業
Will Solid-State Drives Revolutionize PCs?
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR